産後便秘になりやすい4つの理由

産後便秘になりやすい4つの理由とは?便秘解消法と共に紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

妊娠中は便秘しやすいことは知られていますが、実は産後も便秘に悩まされる人が多いのです。
そこで今回は、産後の便秘解消法についてご紹介しましょう。
便秘を解消するには薬に頼る方法もありますが、産後に下剤をつかっても問題はないのでしょうか?
また、出産の状況によっては痛いからいきめない、というかたもいるでしょう。
その方向けの便秘解消法も合わせてご紹介します。
産後に便秘になってしまったという方はこの記事を読めば解消法が見つかるかもしれません。

目次

  1. 産後に便秘になりやすい理由とは?
  2. 便秘解消のために下剤を飲んでも大丈夫?
  3. 便秘を解消する方法とは?
  4. おわりに

1.産後に便秘になりやすい理由とは?

妊娠中、便秘になりやすいのはホルモンのせいです。
では、産後に便秘になりやすい理由はなんでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

1-1.水分不足

母乳育児をしていると、お母さんは水分不足になりがちです。
新生児の頃は飲む量も少ないですが、月齢が大きくなっていくにつれて母乳の量も増えると、お母さんはますます水分不足になるでしょう。
体内の水分が少なくなると、当然便の中の水分も少なくなります。
固い便が出にくいのは御存じの方も多いでしょう。また体内の水分が少なくなると便の滑りが悪くなり、便秘になりやすくなります。

1-2.生活の変化

子供が生まれると生活が一変します。子供のことが最優先で、自分のことは二の次になる人がほとんどでしょう。
それに赤ちゃんは昼夜問わず世話をしなくてはなりません。
疲れもたまりますし、睡眠不足にもなるでしょう。
そうなると自律神経が乱れてきます。
腸の動きは副交感神経に支配されていて、常に緊張状態でいると腸の働きが鈍り便秘になりやすくなるでしょう。
また毎日決まった時間にトイレにいけないことも、便秘になりやすい原因になります。

1-3.運動不足

子持ちのお母さんはすごく動いているというイメージがありますが、子供が歩き出さないうちに実は運動不足になりやすいのです。
赤ちゃんを抱えて散歩をするのは意外と大変。
とくに月齢が低いうちは季節によっては家に子持ちがちになるため、ますます運動不足になるでしょう。
筋力が低下すれば当然便秘にもなりやすくなります。

1-4.出産の後遺症

出産時は強くいきんで赤ちゃんを押し出します。
しかし、強くいきみすぎると肛門括約筋が傷つく場合があるのです。
こうなると便意があってもうまく排便することが出来ずに便秘になる場合もあるでしょう。

12