便秘で悩んでいる方へ~便秘の種類を知り、対策を立てよう~

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性よりも女性に多くみられる「便秘」。便秘が長く続けば続くほど、体も重たくなるでしょう。
さまざまな不調が現れ、大きな病気につながる可能性もあります。
けいれん性便秘、慢性便秘、急性便秘など、さまざまな種類の便秘があります。
自分の便秘はどのような種類なのか、症状について詳しく知識を身につけておきましょう。
便秘の原因や予防法・解消法について、病院の診断による対策も説明するので、便秘で悩んでいる人は要チェックです。

目次

  1. 便秘の種類・症状について
  2. それぞれの原因について
  3. 便秘の予防法・解消法について
  4. まとめ

1.便秘の種類・症状について

便秘の種類は大まかに、けいれん性便秘・慢性便秘・急性便秘の3つにわけられます。
それぞれ症状が異なるのでしっかり確認しましょう。
自分の便秘がどのような種類なのか、把握することが大切です。

1-1.便秘と下痢を繰り返す「けいれん性便秘」

けいれん性便秘は、便秘と下痢を繰り返す特徴をもっています。
便を排出するための働きである「ぜん動運動」が普通の人よりも敏感になっており、過剰に働いているのです。
つまり、腸自体がけいれんしていることになるでしょう。
ぜん動運動が活性化し、身体に必要な栄養まで外に排出してしまう危険性があるので要注意です。
それが下痢の症状になり、余計な水分・成分を排出し、必要な栄養素が体の中に吸収できません。
また、腸のけいれんにより便がスムーズに排出できず、便秘になってしまいます。
この「下痢」と「便秘」の症状が繰り返し交互に現れる症状が「けいれん性便秘」だと覚えておいてください。
頻繁に、けいれん性便秘になってしまうと腸の負担が大きくなり、体全体が悪影響を受けることになります。

1-2.さまざまな種類にわけられる「慢性便秘」

慢性便秘は、便秘が慢性化してしまっている状態です。
常に便秘状態になっており、便秘を解消しようと下剤を乱用したり、さらに便秘になるなど悪循環に陥ってしまうでしょう。
つまり、便秘→下剤→便秘→下剤と、慢性化するので注意しなければなりません。
慢性便秘にもさまざまな種類にわけられます。

  • 器質性便秘
  • 機能性便秘
  • 症候性便秘
  • 薬剤性便秘
  • IBS便秘型

と、以上の5種類が挙げられるでしょう。
この中でもとくに多い「機能性便秘」は、腸の管が狭くなることでスムーズに老廃物や毒素が流れなくなり、便秘になってしまう症状です。
慢性便秘は常にお腹がハリ、体調不良が続く、スッキリしない、頭痛や腹痛などさまざまな症状が現れるでしょう。
そのような症状が当たり前になっているため、お腹のハリすら気にしないようになります。
それが1番怖いのでできるだけ早めに解消しなければなりません。

1-3.放置すると慢性便秘になる可能性が高い「急性便秘」

急性便秘は、一時的に腸に刺激が与えられ、便秘になってしまう特殊な特徴をもっています。
生活習慣の変化や極度な緊張に引き起こされる便秘のほとんどが「急性便秘」ではないでしょうか。
よって、生活に慣れ、落ち着いたら自然と治る便秘になっています。
ただし、頻繁に急性便秘が起こると、慢性便秘に変わる恐れもあるので注意しなければなりません。
また、急性便秘でも、急に激しい腹痛が起きたり、嘔吐感、発熱などひどい症状が現れる人もいます。
たとえ、すぐに解消される便秘でも油断は禁物です。

2.それぞれの原因について

2-1.不規則な生活習慣

便秘の原因は人によってさまざまですが、主に挙げられる原因は「生活習慣の乱れ」です。
とくに、慢性便秘やけいれん性便秘は、生活習慣の乱れが大きいのではないでしょうか。
忙しさのあまり、睡眠不足が続いたり、栄養のある食事が摂取できなければ次第に、腸の働きも弱まります。
腸の働きが弱まるだけでなく、新陳代謝や免疫力も低下するため、便秘のもととなる老廃物や毒素が排出できずに蓄積されてしまうのです。
不規則な生活習慣は便秘を悪化させるだけなので気をつけてくださいね。

2-2.精神的ストレス

不規則な生活習慣と同じく、大きな便秘の原因になっているのが「精神的ストレス」です。
最近は、ストレスを感じやすい人が多く、過剰なストレスの影響で便を排出する働きがストップしてしまうのです。
腸は思っているよりも環境の変化に非常に敏感な場所で、些細なストレスも悪影響になってしまうでしょう。
環境の変化によって、ストレスがかかり、便秘になるのはほとんどが「急性便秘」です。
急性便秘になることが多い人は、ストレスと上手に付き合っていかなければなりません。
また、ホルモンバランスの乱れも自律神経に大きく関係します。
男性よりも女性に便秘が多いのは、ホルモンバランスが乱れやすいことが原因ではないでしょうか。

3.便秘の予防法・解消法について

3-1.自分でできる便秘の予防法

便秘の種類や原因について説明しましたが、そこから予防法・解消法も見つかるはずです。
自分でできる予防法としては「規則正しい生活習慣」「適度な運動」「ストレス解消」の3つが、大きなポイントになるでしょう。
「規則正しい生活習慣」はとても大切です。睡眠をしっかりとり、栄養バランスが整った食事を必ず摂取してください。
女性に多い食事制限による“無理なダイエット”ですが、必要な成分を食事から摂取しなければ便秘は解消されません。食事制限はできるだけ控えてください。
また、適度な運動を生活に取り入れることも大きなポイントです。
ジョギングやジムなど、激しい運動をする必要はありません。ウォーキングや散歩、エレベーターではなく階段を使ったり、地道にできることから続けてください。
些細な運動でも新陳代謝をあげられます。
そして、ストレス解消も便秘予防・解消に欠かせません。ストレスと上手に向き合い、自分にとってリラックスできる時間を作ってくださいね。

3-2.サプリメントや漢方薬の力を借りる

できるだけ早く便秘を解消するためには、サプリメントや漢方薬を利用するのもひとつの方法です。
便秘解消に効果的な食物繊維や乳酸菌が含まれているサプリメントを毎日飲み続けている人も多いので、ぜひチェックしてください。
ただし、1日の服用量を守り、毎日飲み続けなければ効果はありませんので要注意です。
そして、便秘解消の大きな力になってくれるものがもうひとつあります。
それは「漢方薬」です。
漢方薬は体質を改善することが目的なので、根本的な便秘の原因を解消してくれるでしょう。
人それぞれの体質や便秘の症状をみて、生薬を配合し、漢方薬を作るため、漢方に詳しい薬局や病院に相談してください。
診断結果をみてベストな漢方薬を紹介してくれるでしょう。

4.まとめ

便秘の種類や症状、それぞれの原因、対策・解消法について説明しましたが、いかがでしたか?
自分の便秘がどのような種類なのか把握してから、原因・対策・解消法を調べていきましょう。
便秘の種類がわからなければ効率的に解消することはできません。
まずは、便秘について詳しく理解することが大切です。

  • 便秘と下痢を繰り返す「けいれん性便秘」
  • 5つの種類がある「慢性便秘」
  • 一時的な便秘である「急性便秘」
  • 主に「生活習慣の乱れ」と「精神的ストレス」が原因
  • 「規則正しい生活習慣」「適度な運動」「ストレス解消」の3つが大きな対策ポイント
  • サプリメントや漢方薬を利用する

自分でできることから地道に改善し、便秘を解消しましょう。
それでも一向に改善されない場合は、サプリメントや漢方薬を利用したり、病院を受診し、適切なアドバイスをもらうなど工夫してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加