咀嚼と便秘の関係

咀嚼(そしゃく)回数と便秘は深い関係がある!?便秘解消をするためのコツとは?

監修: 快適ヘルシーライフ編集部  免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘になりやすい人は、かむ回数が極端に少ない傾向があります。
1口でかむ回数のことを“咀嚼(そしゃく)回数”とも呼びますが、咀嚼(そしゃく)回数を増やせば便秘が解消できるとも言われているのです。
咀嚼(そしゃく)回収と便秘の関係性について説明しましょう。
また、咀嚼(そしゃく)回数を増やすメリットや回数の目安についても説明します。
便秘で悩んでいる人、ご飯を食べるのが早い人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 咀嚼(そしゃく)回数と便秘の関係
  2. 咀嚼(そしゃく)回数を増やすことのメリット
  3. 咀嚼(そしゃく)回数の目安
  4. まとめ