関節痛の原因や対処法・予防法

「膝が痛い!!」に代表される関節痛。原因や対処法・予防法を徹底解説!

監修: 光伸メディカルクリニック院長 中村 光伸  免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を取るにつれて膝が痛い、もしくは節々の関節が痛むようになった、と悩んでいる方は少なくないでしょう。関節は使えば使うほど、摩耗(まもう)が激しくなる器官です。ですから、一度痛めてしまうと、どうしても痛みがひんぱんに出やすくなります。加齢以外にも、スポーツのやりすぎや交通事故などでも、関節障害から関節痛が発症する場合もあります。

今回は、関節痛の改善方法や予防方法などを、ご紹介します。関節痛は体の使い方やケアの仕方で発症を予防できるケースも多いのです。

  1. 関節痛って何?
  2. 関節痛が症状に出る病気は?
  3. 関節の損傷や摩耗などが原因で発症する関節痛
  4. 関節痛をやわらげる方法
  5. 関節痛を予防する方法

また、関節痛を発症してしまったとしてもあきらめてはいけません。日常生活を工夫したりサプリメントを摂取したりすることにより、症状の改善も可能です。関節痛に悩まされている方や関節痛を予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.関節痛って何?

まず始めに、関節痛の定義や主な症状などをご紹介します。関節痛はポピュラーな体の不調のひとつと考えられがちですが、重篤な病気の症状である場合も珍しくありません。ですから、「たかが関節痛」と軽く考えないようにしましょう。

1-1.関節痛とは?

関節痛とは、文字どおり関節が痛む症状の総称を指します。私たちの体には、いくつもの関節があります。手足が複雑に動くのも、首や腰が回せるのも関節があるからです。この関節が何らかの原因で炎症を起こしたり、うまく動かなくなったりしたときに関節痛が発症します。

代表的な症状は、「動かすと痛い」「荷重がかかったり、力をいれると痛い」などです。しかし、原因によっては「安静にしていても痛くてたまらない」「発熱やけん怠感など別の症状がともなう」こともあります。

1-2.関節痛の症状が出やすい部位は?

関節痛が出やすい部位の第1位は膝です。膝は歩くたびに全体重を支えますし、激しい動きをした場合、一番負担がかかります。

次に症状が出やすいのは腰や肘です。腰は「腰痛」という別名があるほど、痛みが出やすい箇所。腰の関節は膝とは逆に、主に座りっぱなしなど同じ姿勢を長時間取っていると発症しやすい傾向があります。さらに、手先を使う仕事をしている方は、手首や指の関節も痛めやすいです。

また、病気の症状として関節痛が出る場合は、全身の関節がはれて痛むというケースも珍しくありません。

1-3.関節痛になりやすいのはこんな人

関節痛は年齢が上がるにつれて、男女関係なく発症率がアップします。しかし、毎日運動する習慣がある方は、運動を全くしない人に比べて関節痛が発症しにくいというデータもあるのです。つまり、運動不足の方は関節痛になりやすいといえます。だからといって、とにかく運動をすればよいというわけではありません。スポーツ選手の中には、若いことから関節痛に悩まされている方も多いのです。さらに、やせている人よりも太っている人の方が、膝の関節を痛めやすい傾向にあります。

2.関節痛が症状に出る病気は?

この項では、関節痛が症状のひとつとして出る病気をご紹介します。関節のけがや摩耗(まもう)で発症する症状とは、何が違うのでしょうか?

2-1.関節痛が症状に出やすい病気

関節痛が症状に出る病気はいろいろありますが、代表的なものが膠原病(こうげんびょう)、痛風、ガンなどです。また、インフルエンザなど高熱が出るウイルス性の病気でも、関節痛が症状として現れることもあります。病気の症状として現れる関節痛は安静にしていても痛みが出やすい、という特徴があります。

また、安静にしていたり湿布薬などをはったりしても、症状が改善されることはありません。さらに、症状が進むと関節が変形してくることもあります。ですから、早めの治療が大切になってくるのです。

2-2.男女で発症率が違う病気もある

関節痛が主な症状として現れる病気の中には、男女で発症率が違うものもあります。一例を挙げると関節リウマチと痛風です。関節リウマチは女性、痛風は男性が発症しやすい病気です。特に、痛風は足の親指の関節が痛む、という特徴的な症状があります。一方、関節リウマチの場合は手指のこわばりから症状が始まり、全身の関節がはれて痛み出すという形で病状が進行していくことが多い疾患です。痛風も関節リウマチも30代以降になると発症率が上がります。

特に、痛風の場合は食生活によって発症率が変わってくるのです。魚料理が好きな方やビールをたくさん飲む男性は、特に気をつけましょう。リウマチの場合は明確な原因がまだ特定されていません。しかし、ストレスが発症率にかかわっているという報告もあります。

2-3.命にかかわる関節痛とは?

関節痛は、一般的には命にかかわりのない病気です。しかし、命にかかわる病気の症状のひとつとして、関節痛が起こる場合があります。それが、心筋梗塞や狭心症です。心筋梗塞も狭心症も心臓の病気ですが、左の肩や首に激しい痛みが症状として現れるケースもあります。

この場合の頸部関節痛は5分以内に治まることが多いのですが、特に何もしていないのに、いきなり激痛がすることも珍しくありません。関節痛と心臓の病気は結びつきにくいのですが、何の前触れもなくいきなり激しい痛みが起こった場合は、夜間でもすぐに病院に行きましょう。

2-4.病気が原因の関節痛への対処法

病気が原因の関節痛の場合は、血液検査やレントゲン検査をすればすぐに原因が分かるものが多いです。ですから、関節痛が長引く、なかなか治らない、症状がだんだんひどくなるといった場合は、できるだけ早く病院へ行きましょう。内科や整形外科でも受診すれば、専門科へ紹介してくれます。ガンや膠原病(こうげんびょう)・痛風などの病気はしっかり専門医に診てもらう必要があります。

特に、リウマチは根本的な治療法がまだ見つかっておらず、悪化する病気の進行を早めに止めるのが主になります。しかし、痛みを軽減し、すり減った関節を人工のものと取り換えたりする治療法はあります。いずれにせよ、病院を受診しなければ治療はできません。「たかが関節の痛み」と軽く考え、市販の湿布薬などで痛みを紛らわせないようにしましょう。

3.関節の損傷や摩耗などが原因で発症する関節痛

この項では、関節自体の損傷や摩耗(まもう)などが原因で発症する関節痛について、ご紹介します。どのような原因や対処法があるのでしょうか?

3-1.交通事故やスポーツのし過ぎ

交通事故やスポーツのし過ぎで、関節を痛めてしまうことは珍しくありません。特に、背後からの強い衝撃によって首の関節を痛める「ムチウチ症」は、交通事故で起こりやすいです。交通事故やスポーツのし過ぎで関節を痛めた場合、痛みをやわらげようと無理な体の使い方をしやすくなります。すると、ほかの関節に負担がかかり関節炎を発症することもあるでしょう。また、痛めた関節が気候や加齢によって再び痛むようになるというケースもあります。

3-2.変形性関節症

加齢による膝やひじの痛みの多くが、変形性関節症が原因です。変形性関節症の原因は、軟骨の摩耗(まもう)や、骨の変形によるものです。関節がスムーズに動くのは、「軟骨」という柔らかい骨のおかげです。この軟骨は関節が動くたびにすり減っていきますが、若いころはすぐに回復します。しかし、年を取るにつれて摩耗(まもう)する速度に回復が追い付かなくなってやがて硬い骨同士が直接ぶつかり合うようになり、痛みや骨の変形が起こるのです。

男女問わず発症しますが、女性の方が閉経後に女性ホルモンが減少するために発症率が多少高い傾向にあります。症状が軽いうちは投薬や湿布薬で治療しますが、重症になると手術が必要になります。膝に発症することが多いですが、肘や肩、指の関節でも発症します。

3-3.化膿性関節炎

関節炎の中でも厄介な病気です。関節の中に何らかの原因で細菌が入り、関節内が化膿(かのう)してしまいます。年代を問わずに発症し、治療が遅れると軟骨や骨が破壊されて障害が残る可能性もあります。細菌が侵入する原因は、けが由来と病気由来と原因不明があります。

特に、糖尿病や透析を受けている方、さらに免疫抑制剤を服用している方は抵抗力が落ちているために、化膿(かのう)性関節炎を発症率は比較的に高くなります。関節が急にはれる、ひどい痛みが出るという場合はすぐに病院を受診してください。

3-4.腰痛

腰の痛みというと椎間板ヘルニアが最も有名ですが、腰の関節の摩耗(まもう)や損傷でも痛みが出ます。腰痛は人間特有の症状で、ひどくなると歩行に支障も出ます。ただ「腰が痛い」だけでは原因が分からないので、必ず病院に行って診断を受けましょう。

また、腰痛は歩き方や座り方で発症率が大幅に変わります。ですから、生活習慣を改めることは大切な予防法のひとつになります。

4.関節痛をやわらげる方法

関節痛の中には、決定的な治療法がないものも少なくありません。「加齢ですから」のひとことで済ませられることもあるでしょう。この項では、関節痛のやわらげ方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.病院から処方される薬を使う

病院から湿布薬や内服薬を処方された場合は、それを使うのが最も有効です。ただし、中には副作用として胃を荒れさせるものもありますので、用法や用量を必ず守りましょう。

4-2.市販の湿布薬などを使う

激しく動かした場合や長時間同じ姿勢を取ったときだけ痛みが出る、というような場合は市販薬を利用するのは手軽な治療方法です。湿布薬や塗り薬などたくさんの種類が市販されています。これも、用法と用量を守って使用しましょう。病院で処方される薬よりも効き目は穏やかですが、乱用すると皮膚が荒れたりすることもあります。症状が治まらないときは、速やかに整形外科を受診してください。

4-3.サポーターを利用する

交通事故やスポーツのし過ぎで損傷した関節には、サポーターを使うと負担が軽くなって痛みがやわらぐ場合もあります。特に、膝やひじは最も動きが激しい関節なので、利用すると効果的でしょう。

4-4.温める

冷えは、関節痛の大敵です。ですから、特に冬は痛む関節を直接空気に当てないようにしましょう。また、お風呂に入ったり電熱器などで温めたりしても効果的です。腰痛の場合は「貼るカイロ」なども利用してみましょう。

4-5.サプリメントを利用する

関節痛をやわらげたり予防したりするサプリメントは、たくさん販売されています。これらの主成分はコラーゲン。コラーゲンは軟骨の主成分ですので、サプリメントの形で摂取すれば、軟骨の形成を助けます。

また、これに加えてコラーゲンを体内に吸収しやすくする成分が配合されているのです。サプリメントの値段は商品によってかなり違います。高いものがよいとは一概に断言できません。しかし、よい素材を使えばどうしてもある程度の値段にはなります。

また、サプリメントは薬よりも効果が出るまでに時間がかかるのです。そのため、最低でも1~3か月は飲み続けられるようなものを購入しましょう。

5.関節痛を予防する方法

では、最後に関節痛の発症を予防する方法をご紹介します。若いころはもちろんのこと、年を取ってからも行える方法が色々あります。

5-1.適度な運動をする

関節は使わなければ、かたまって硬くなります。また、同じ姿勢を長時間続けると特定の場所だけに負担がかかります。ですから、適度な運動をして関節を動かし、周りに筋肉をつけてください。関節の周りの筋肉はバネの役目を果たしてくれます。運動をする習慣がある方が年を取っても動きが機敏なのは、筋肉のおかげなのです。

5-2.やせる

健康診断で太りすぎやメタボリックシンドロームを指摘された方は、体重を落とす工夫をしましょう。肥満は、膝に大きな負担がかかります。

また、肥満になると体を動かすのがおっくうになり、余計に関節が痛みやすくなるのです。ただし、やみくもに運動するとかえって関節を痛めることになります。おすすめは、水中での運動です。浮力と抵抗がありますから、ただ歩いているだけでもカロリーが消費できます。筋肉がついたらジョギングやウォーキングを行ってみましょう。

5-3.無理な運動や体に負担をかけない

若いころから激しいスポーツを続けていても、関節は痛みやすくなります。また、いくらスポーツになれた方でも、いきなり激しく体を動かせば関節の負担は大きくなります。運動をする前に必ずストレッチをしましょう。長時間運動をする場合は適度に休息を入れ、負担をかけすぎないように注意してください。関節に痛みが出たら休むことも大切です。さらに、長時間同じ姿勢をたもち続けないようにしましょう。座りっぱなし、立ちっぱなしは腰に負担をかけます。

5-4.食生活に気を配る

痛風は「プリン体」の摂取のし過ぎが発症の原因にもなります。プリン体はうまみとほぼ同じで、だし汁やビールに多量に含まれているのです。血縁者に痛風を発症した方がいる場合は、食生活に気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は関節痛の原因や症状、予防法などをご紹介しました。関節痛の原因や症状の現れ方はさまざまです。しかし、生活習慣に気をつけたりサプリメントを摂取し続けたりすることで発症を予防したり症状をやわらげたりすることもできるでしょう。自分ができることから始めてみましょう。

光伸メディカルクリニック院長中村 光伸

監修者

中村 光伸
光伸メディカルクリニック(東京 新宿)院長
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科認定スポーツ医
日本整形外科認定リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本抗加齢学会認定専門医
日本胎盤臨床医学会認定専門医
日本美容皮膚科学会
日本レーザー治療学会

東京生まれ。北里大学医学部卒業、北里大学整形外科入局。
学位習得後、フンボルト大学外傷再建外科学(ドイツ)・チャンガン大学形成外科美容外科(台湾)へ留学。 Jリーグヴァンフォーレ甲府チームドクター、山梨学院大学陸上競技部(駅伝)チームドクターを歴任。 北里大学整形外科専任講師、北里大学救命救急整形外科部長、松倉クリニック&メディカルスパ等を経て、2011年12月、自身の理想とする医療を実現するため「光伸メディカルクリニック」を開業。 “リバースエイジング・健康寿命を延ばす”を命題に“見た目”の大切さと“動き目”の大切さを唱え、「整形外科」「美容外科」「美容皮膚科」「リハビリテーション科」を一つの科として診療している。

著書
「3か月で10歳若返る わたしはリバースエイジングドクター」(H304月1日発刊予定) メディア掲載歴
『Domani』2018年3月号、『VoCE』2017年11月号、『厳選 クリニックガイド』、『VOGUE』2017年9月号、『VoCE』2017年4月号、『VoCE』2017年3月号、『ViVi』2016年8月号、『VoCE』2016年6月号、『InRed』2016年6月号、『VOGUE』2016年1月号、『DRESS』2016年2月号、『MAQUIA』2016年2月号、『VoCE』2015年2月号、『VOGUE』2015年1月号、『MyAge』2015年秋冬号、他多数