便秘の腹痛でお悩みの方へ! スッキリ解消するコツを伝授!

監修: 快適ヘルシーライフ編集部  免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘になると必ず腹痛を伴う」「便秘の腹痛がつらくて耐えられない」など、便秘の腹痛で悩んでいる人もいることでしょう。便秘になるだけでも不快なのに、腹痛が加わるとつらくて困りますよね。ひどくなると、仕事などにも影響が出てくることでしょう。まずは、痛みの原因となる便秘を解消することが大切です。しかし、どんな方法を進めるといいのか、よくわからないこともあるでしょう。それに、できるだけ体に負担がかからない方法を選びたいものです。そこで、今回は、便秘の基本を学ぶと共に、腹痛をスッキリ解消するコツを詳しく解説します。

  1. 便秘と腹痛の関係について
  2. 便秘による腹痛の対処方法
  3. 便秘の改善方法について
  4. 便秘の腹痛に関するよくある質問

便秘の腹痛がつらくて耐えられない

この記事を読むことで、便秘に関する正しい知識が身につき、適切な方法によってつらさから解放されることでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.便秘と腹痛の関係について

便秘と腹痛の関係について

最初に、便秘と腹痛の関係について詳しく解説します。腹痛が起こるメカニズムや症状についても学びましょう。

1-1.便秘と腹痛の関係は?

便秘になると、多くの人が同時に腹痛に悩むものです。痛みの症状は、にぶい痛みを感じる・たまにズキンとするなど人によって違います。毎日便通がある人でも、便の量が少ない、残便感があるという人は、隠れ便秘が原因で腹痛を起こすことがあるので注意しましょう。

1-2.便秘になるとなぜ腹痛が起こるのか

便秘になると腹痛が起きるのは、たまった便が腸を圧迫するからです。また、便秘により便からガスが発生することで、ますます痛みが増します。腹筋に負担をかけるため、筋肉痛を感じる人もいるでしょう。便秘が長期化すると、痛みが増して我慢できなくなるケースもあります。

1-3.便秘の腹痛の症状について

便秘の腹痛でよくある症状は、以下をご覧ください。また、腹痛と同時に腰痛や頭痛・はき気などが出ることもあります。

  • おなかが張って痛い
  • ガスがたまって痛い
  • 時々激しい痛みがある
  • 下腹部を中心に鈍痛がある

2.便秘による腹痛の対処法

便秘による腹痛の対処法

便秘による腹痛の対処法について、詳しく解説します。病院に行ったほうがいい場合や注意点なども学びましょう。

2-1.便秘の対処法について

便秘になった場合の対処法をいくつかご紹介します。自分でできる範囲で試してみてください。

2-1-1.おなかを温める

便秘の人は、腸が冷えていることが多いものです。冷えは、腸の活動をにぶくし、便秘をひどくします。ゆっくりとお風呂に入ったり、カイロや温かいおしぼりなどを利用したりしておなかを温めましょう。腸が温まることで働きが活発になり、便秘解消を期待できます。

2-1-2.便秘解消のツボを押す

便秘解消に効果のあるツボを押してみるのも、ひとつの方法です。たとえば、以下のツボを試してみてください。

  • 合谷(ごうこく):親指と人差し指の付け根の中間にあるツボ
  • 神門(しんもん):手首の内側の付け根で、小指に近い部分にあるツボ
  • 三陰交(さんいんこう):内くるぶしから指3本分上にあるツボ

ツボは、息をはきながらゆっくりとやや強め押しましょう。ただし、アザができるほど押してはいけません。回数は、1セット10回を目安に、気がついたときにやってみてください。

2-1-3.マッサージをしてみる

便秘には、腹部マッサージも効果的です。まず、ベッドの上などであお向けに寝ころびましょう。両手をおなかの上に重ねて置き、ゆっくりと「の」の字を描くようにマッサージしてください。10回を1セットと考え、毎日3セット程度行いましょう。腸の動きを促し、便秘の解消に導きます。

2-2.便秘用の市販薬について

薬局やドラッグストアには、便秘用の市販薬が多く売られています。便秘対策として、一時的に市販薬を飲んでみるのもいいでしょう。ただし、強く作用すると下痢や強い腹痛の原因となるので注意してください。自己判断で選ばず、必ず薬剤師に相談して購入しましょう。なお、市販の便秘薬で効果が出ない場合でも、副作用を避けるために決められた容量以上飲まないでください。

2-3.病院に行ったほうがいい場合とは?

以下の場合は、速やかに病院に行ってください。

  • 何をやっても便秘を解消できない
  • 腹痛が数日以上続いている
  • 痛みの強さがだんだん増している
  • 我慢できないほどの痛みがある
  • 便に血が混じる

2-4.便秘対策でやってはいけないことや注意点

効果的と言われる便秘対策でも、体質や状態によって合わない場合があります。たとえば、腸の働きが悪いことが原因の便秘では、繊維質の食べものを摂取しすぎると逆効果です。また、どんな対策であっても、神経質になりすぎるとストレスになり、便秘がひどくなることがあるので注意しましょう。自分で対策しても改善しないときは、医師に相談するのが一番です。

3.便秘の改善方法について

便秘の改善方法について

便秘の改善方法について詳しく解説します。さまざまな方法を取り入れて、スッキリしましょう。

3-1.便秘改善に効果のある食べもの・飲みもの・栄養素

便秘改善に効果のある食べもの・飲みもの・栄養素で、特に効果の高いものを詳しく解説します。

3-1-1.食べもの

便秘解消に効果がある食べものは、たくさんあります。主なものと働きについては、以下のを参考にしてください。

  • ヨーグルト:乳酸菌が腸の働きを活発にする
  • 海藻類:食物繊維が便のかさを増し、腸を刺激して便通を促す
  • オリーブオイル:腸をやさしく刺激し便通を促す
  • 大豆製品:腸内菌バランスを改善し、便をやわらかくする

3-1-2.飲みもの

便秘を改善するためには、温かい飲みもので腸の働きを促すことが効果的です。白湯(さゆ)もおすすめですが、便秘のイライラを抑えるホットミルクや、繊維質たっぷりのココアなどお好みのものを飲んでください。夏場でも、冷たい飲みものは腸の活動をにぶくする可能性があるのでおすすめできません。冷たい飲みものが便秘に効果的なのは、起き抜けのタイミングだけです、ただし、腹痛を起こしやすい人は避けてください。

3-1-3.栄養素

便秘解消に効果のある栄養素と、主な働きについては以下をご覧ください。

  • ビタミンC:腸のぜん動を促す
  • オリゴ糖:腸内の善玉菌を増やして便通を促す
  • マグネシウム:腸の働きをよくする

上記の栄養素を多めに摂取しながら、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。野菜やフルーツを多めに食べることがポイントです。

3-2.便秘に効果のある運動

便秘解消には、おなか周りの筋肉を多く使う運動が効果的です。たとえば、ウォーキングは腹筋を使っているだけでなく、全身の新陳代謝が高まることで便秘解消に大きな効果を期待できます。1日20~30分程度のウォーキングがおすすめです。また、体をひねる運動も腸に適度な刺激が伝わり、便通を促してくれることでしょう。ひねる運動は、水泳のクロールや背泳でも実現できます。水圧も伴って、便秘解消にひと役買ってくれるはずです。いずれも、マイペースで無理なく行ってください。

3-3.便秘を解消するための生活習慣

便秘を解消するためには、生活習慣の見直しも効果的です。特に、睡眠時間をたっぷりと取ってください。便秘の人は、睡眠時間が短く、質も悪いことが多いからです。夜は、ゆっくりとお風呂につかって体を温め、布団に早めに入りましょう。寝る前のスマホ操作は禁物です。十分な睡眠を確保することで体調が整うと、腸の活動も正常化します。自然に便秘が解消でき、スッキリすることでしょう。便秘の原因ともなるストレスも、睡眠で改善できて一石二鳥です。

3-4.便秘改善におすすめの漢方について

便秘解消には、漢方の力を借りることも考えましょう。漢方は、体にやさしく穏やかな効き目で便秘解消を目指します。たとえば、当私の救急箱 複方熊胆円がおすすめです。和漢生薬をバランスよく配合することで、体に負担をかけずに便秘に効果を示します。初回は、全額返金保証で購入できるのでぜひご検討ください。

4.便秘の腹痛に関するよくある質問

便秘の腹痛に関するよくある質問

最後に、便秘の腹痛に関するよくある質問に回答します。ほかの人がどんな点で悩んでいるか参考にしてください。

Q.便秘で腹痛が我慢できないときに市販の鎮痛剤を飲んでいいですか?
A.鎮痛剤を飲むことはおすすめできません。鎮痛剤は、痛みを感じなくする効果がある薬です。確かに、痛みのつらさからは逃れることができます。しかし、根本的な原因を解決するわけではありません。便秘が解消しない限りは、腹痛が続くのです。我慢できない痛みがあるときは、速やかに医師に相談してください。

Q.便秘対策をしたら下痢になってつらいのですが
A.対策が体質に合わなかったか、やりすぎであることが考えられます。まずは、便秘対策のやり方を見直してみましょう。ほかの対策に切り替えることで、適切な効果が出る場合もあります。なお、便秘と下痢を繰り返す場合は、過敏性大腸症候群などの疑いがあるため、早めに受診してください。

Q.便秘による腹痛ではない可能性は?
A.便秘が原因だと思っていても、詳しく調べてみるとほかに原因が見つかることもあります。そのため、腹痛以外に気になる症状があるときはすぐに医師に相談してください。おなかの張りがひどい・触れるとしこりがあるなど、ほかの病気にかかってい可能性があります。

Q.子どもの便秘にも漢方薬を飲ませていいでしょうか?
A.子どもは体が小さく、また、未熟な状態です。そのため、大人用の漢方薬をそのまま与えないでください。漢方の使用を希望する場合は、必ず漢方薬局に相談して配合してもらいましょう。また、苦い・においがキツいなどの理由で、なかなか飲んでくれないことがあります。子どもに漢方薬を飲ませるときには、便秘解消のために必要なことを理解してもらうようにしましょう。

Q.漢方の効果が出てくるのはいつですか?
A.漢方は、数か月単位の長期服用を前提としています。便秘薬と違い、即効性はありません。漢方では、体調を整えながら便秘を穏やかに解消することを目指すからです。実際には、数週間程度で確実な変化を感じる人が多いでしょう。なお、いつまで飲み続けるかについては、漢方薬局に相談してください。

まとめ

便秘による腹痛についてのまとめ

今回は、便秘による腹痛について詳しく解説しました。便秘は、心身にさまざまな悪影響をおよぼします。つらくてイライラするだけでなく、腹痛があると大変です。まずは、便秘の原因を突き止め、根本から解消するように努力しましょう。生活習慣や食生活の改善を心がけると共に、体にやさしい漢方なども併用すると効果的です。1日も早く便秘を解消して、腹痛に悩まない毎日を手に入れましょう。