スクワットで膝痛になるのはなぜ? 痛みが出ないやり方と予防方法も

監修: 光伸メディカルクリニック院長 中村 光伸  免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1.スクワットと膝痛について

まずは、スクワットと膝痛の関係や、なりやすい人の特徴などをご紹介します。

1-1.スクワットとは?

スクワットはウエイトトレーニングの一種で、真っすぐ立った状態から膝関節の曲げ伸ばしを繰り返す運動です。大腿(だいたい)四頭筋や大殿筋など、下半身の筋力アップに効果があります。トレーニングの中でも消費カロリーが高いため、ダイエットの一環としてスクワットを取り入れる人も多いでしょう。

1-2.スクワットで膝痛になる場合があるのか?

スクワットの方法によっては膝痛が起こってしまうこともあります。特に以下のような場合で痛みが発生しやすいため注意してください。

  • やりすぎてしまう
  • 腰を下ろすときに膝だけを曲げてしまう
  • 重心が前に出てしまっている
  • 膝の向きが内側に入ってしまっている
  • 片方の足に重心が偏っている
  • もともと膝の筋力が弱い

1-3.膝のメカニズム

なぜ膝に痛みが発生するのかを知る前に、膝のメカニズムについて把握しておきましょう。膝関節は骨や軟骨・じん帯・腱(けん)・半月板などから構成されています。それぞれが正常な働きをしていれば膝に痛みが発生することはないでしょう。しかし、私たちは日常生活において思った以上に膝を使っており、歩くだけで体重の2~3倍の荷重がかかっているのです。使いすぎや使い方によっては大きなダメージを与え、痛みが現れてしまうこともあるでしょう。

1-4.なりやすい人

スクワットによって膝痛が起こりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 膝の筋力が弱い人
  • 肥満体型の人
  • 膝に負担がかかりやすい職業の人
  • もともと膝にケガをしていた人
スクワットで膝痛になってしまうことがあるんですね。
膝痛になりやすい特徴もあるので、該当するようであれば気をつけましょう。

2.膝痛にならないスクワットの方法

膝痛にならないように、正しいスクワットのやり方やポイントを知っておきましょう。

2-1.正しいやり方

スクワットの正しいやり方は以下のとおりです。

  • 両足を肩幅の間隔に広げて立つ
  • つま先をやや外側に向ける
  • つま先と膝の方向が同じになるようにして膝を曲げていく
  • 太ももが床と平行になるまで重心を落とす
  • 元の姿勢に戻す
  • 上記を繰り返す

2-2.膝痛にならないためのポイント

スクワットで膝痛にならないためのポイントをまとめました。

2-2-1.基本姿勢を身につける

スクワットで重要なのは、基本姿勢をしっかりと身につけることです。足を肩幅に広げてつま先をやや外側に向けた状態で真っすぐ立ち、背筋を伸ばしてください。視線は前方に向け、息をゆっくりと吸いながら膝を曲げていきましょう。元の姿勢に戻るときは、息をゆっくりと吐きます。膝が内側に入ったり曲げすぎたりすると痛める原因になるため気をつけましょう。

2-2-2.回数に気をつける

スクワットのやりすぎは膝を痛める原因になります。特に、スクワットを始めたばかりの初心者は筋肉がまだついていないため、膝の曲げ伸ばしを10回ほど繰り返したところで休憩し、3セットほど行いましょう。次第に筋肉がついて慣れてきたら、少しずつ回数を増やしていってください。

2-2-3.腹筋を鍛える

スクワットをする際、腹筋に力を入れると体幹が安定して膝への負荷を抑えることができます。普段から腹筋を鍛えておくことで、痛みの発生を予防することにつながるでしょう。腹筋周辺の引き締め効果も期待できるため、ぜひ試してみてください。

2-3.注意点

早く効果を出そうと無理なトレーニングを行うことは逆効果です。回数をこなすために反動がつくようなスピードでスクワットをしないように注意しましょう。スクワットの動作は「ゆっくり」が基本です。スピードを速めても筋力アップの効果が得られないどころか、膝を痛める原因になってしまいます。

正しくやることで膝痛にならないようにすることができるんですか。
筋力アップのつもりが膝を痛めてしまっては意味がありませんから、無理せず正しく行いましょう。
光伸メディカルクリニック院長中村 光伸

監修者

中村 光伸
光伸メディカルクリニック(東京 新宿)院長
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科認定スポーツ医
日本整形外科認定リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本抗加齢学会認定専門医
日本胎盤臨床医学会認定専門医
日本美容皮膚科学会
日本レーザー治療学会

東京生まれ。北里大学医学部卒業、北里大学整形外科入局。
学位習得後、フンボルト大学外傷再建外科学(ドイツ)・チャンガン大学形成外科美容外科(台湾)へ留学。 Jリーグヴァンフォーレ甲府チームドクター、山梨学院大学陸上競技部(駅伝)チームドクターを歴任。 北里大学整形外科専任講師、北里大学救命救急整形外科部長、松倉クリニック&メディカルスパ等を経て、2011年12月、自身の理想とする医療を実現するため「光伸メディカルクリニック」を開業。 “リバースエイジング・健康寿命を延ばす”を命題に“見た目”の大切さと“動き目”の大切さを唱え、「整形外科」「美容外科」「美容皮膚科」「リハビリテーション科」を一つの科として診療している。

著書
「3か月で10歳若返る わたしはリバースエイジングドクター」(H304月1日発刊予定) メディア掲載歴
『Domani』2018年3月号、『VoCE』2017年11月号、『厳選 クリニックガイド』、『VOGUE』2017年9月号、『VoCE』2017年4月号、『VoCE』2017年3月号、『ViVi』2016年8月号、『VoCE』2016年6月号、『InRed』2016年6月号、『VOGUE』2016年1月号、『DRESS』2016年2月号、『MAQUIA』2016年2月号、『VoCE』2015年2月号、『VOGUE』2015年1月号、『MyAge』2015年秋冬号、他多数