軟便時の食事、注意点は? 腸の働きをよくするためのポイントも紹介

監修: 快適ヘルシーライフ編集部  免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1.軟便とは?

まずは、軟便の症状や腸のメカニズムについて解説します。

1-1.どういう状態か?

軟便とは、水分量が多い便のことをいいます。健康な状態の便には水分量が70~80%含まれていますが、軟便の場合は水分量が80~90%以上です。さらに水分量が多くなると下痢になり、軟便と違って形がありません。

1-2.腸のメカニズム

軟便になる原因を知る前に、腸のメカニズムを把握しておきましょう。口から入った食べものはまず小腸で消化・吸収され、大腸では主に水分が吸収されます。そして、残った不要なものが便となって肛門(こうもん)から排泄(はいせつ)されるというしくみです。食べものが便として排出されるのは、食後24~72時間経過した後になります。

2.軟便の原因について

軟便になる主な原因や注意点などをご紹介します。

2-1.主な原因

軟便の原因として考えられるものには、主に以下のようなものがあります。

2-1-1.食べもの

暴飲暴食やアルコールの多量摂取、食物繊維のとりすぎ、低カロリー甘味料のとりすぎなどは、軟便の原因になります。

2-1-2.冷え

腹部が冷えると血管が収縮し、腸に酸素や栄養分が十分に行き渡らなくなります。その結果、腸のぜん動運動がうまくいかなくなり、食べものから水分を吸収できなくなってしまい、軟便になるのです。

2-1-3.薬の副作用

薬の種類によっては、腸の働きを弱めるものや腸壁が荒れてしまうような副作用もあるのです。食べものなどに思い当たる原因がない場合は、何らかの薬を飲み始めた経緯がないか考えてみてください。

2-2.軟便の注意点

食べ過ぎなどによって一時的に軟便になることもあるでしょう。ただし、軟便が1か月以上続く場合は何らかの病気が原因になっている可能性もあるため、病院の受診を検討してください。

2-3.なりやすい人とは?

軟便になりやすい人には以下のような特徴があります。

  • 辛(から)いものなど刺激物を好む
  • 飲酒量が多い
  • 睡眠不足
  • ストレスをためやすい
  • 食べ過ぎてしまうことが多い