下痢の原因やメカニズム

下痢の原因やメカニズムとは?食生活や生活習慣に気をつけましょう。

下痢は、決して珍しい体の不調ではありません。
「生まれてから1度も下痢になったことがない」という人の方が少ないでしょう。
しかし、下痢が続くと体力や気力が確実に失われていきます。
そこで、今回は下痢が起こる原因やメカニズムをご紹介しましょう。
体質によって、下痢をしやすい人やしにくい人もいます。
しかし、食べ物や生活習慣、さらにストレスの有無によっても下痢をしやすくなるのです。
最近よく下痢をするようになったという方は、この記事を読んで生活習慣を見直してみてください。

目次

  1. 下痢が起こるメカニズムとは?
  2. 下痢が起こる原因とは?
  3. 下痢を防ぐ方法とは?
  4. 下痢止めの使い方に気をつける
  5. おわりに

腹痛を伴う下痢が起こる原因

腹痛を伴う下痢が起こる原因は? 対処法と予防方法を徹底解説

下痢は性別や年代にかかわらず起こる体調不良の一種です。
下痢だけでもつらいですが、腹痛も同時に起こることも少なくありません。
では、なぜ下痢になると腹痛も起こりやすいのでしょうか?
そこで、今回は下痢で腹痛が生じる原因をご説明します。
ドラッグストアに行くといろいろな下痢止めが販売されていますが、下痢止めを飲めば腹痛もやわらぐのでしょうか?
頻繁に腹痛を伴う下痢になるという方は、ぜひこの記事を読んで対処法の参考にしてください。

目次

  1. 下痢と腹痛の関係とは?
  2. 腹痛が伴う下痢が起こる原因とは?
  3. 腹痛を伴う下痢の対処法とは?
  4. 年末年始は生活の乱れに要注意
  5. おわりに

便意を抑える方法

急な便意にツボを押せ! 便意を抑える方法とは?

通学・通勤中の電車やバスの中で、あるいは大事な会議中に襲ってくる便意。突然やってきた便意に苦しみつつ、それでもトイレに行けないという状況は珍しくないでしょう。

そんなとき、便意を止められる方法を知っておけば、その苦しみを味あわなくてすむとは思いませんか?

そこで、今回は便意を抑える方法について中心にご紹介します。

目次

  1. 便意の原因
  2. ツボで便意を抑える
  3. 便意で困らないための習慣とは?

関節痛には湿布が効く?!

関節痛には湿布が効く?! 温湿布と冷湿布の使い分け方

関節や筋肉の痛みを抑えるために、最もよく使われるのが湿布です。「湿布をはったら楽になった」という方も多いでしょう。しかし、一口に湿布といってもいろいろな種類があります。そこで、今回は関節痛に効果的な湿布の使い方をご紹介しましょう。関節痛にもいろいろな原因があります。どんな痛みにも、湿布が効果的というわけでもありません。

また、より効果的な湿布の使い方や注意点もご紹介します。関節が痛いのでしょっちゅう湿布薬を使っているという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

  1. 関節痛について
  2. 湿布の種類とは?
  3. 飲み薬と湿布の違いとは?
  4. 湿布薬が効果的な関節の痛みとは?
  5. 湿布の効果的な使い方とは?
  6. 湿布では効果が薄い関節の痛みとは?
  7. 湿布はどうやって保管すればいいの?
  8. よくある質問
  9. ​おわりに

コラーゲンが関節痛に効果的

コラーゲンが関節痛に効果的な理由とは?ズバリ解説します。

コラーゲンというと、肌の調子を整えてくれる美容食というイメージが強いです。しかし、コラーゲンは関節痛をやわらげるサプリメントとなどにも含まれています。なぜ、コラーゲンを摂取すると関節痛に効果があるのでしょうか?

そこで今回は、関節痛にコラーゲンが効果的な理由や、効率的な摂取方法などをご紹介します。コラーゲンは一日どのくらい摂取すれば、効果があるのでしょうか? また、どんな関節痛にコラーゲンが効果的なのかもご説明します。関節の痛みをやわらげたい方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

  1. コラーゲンとはどんな物質?
  2. コラーゲンと関節痛の関係
  3. コラーゲンを摂取する方法は?
  4. サプリメントの選び方は?
  5. おわりに

便を柔らかくする3つの方法

「硬くてトイレのたびに痛い…」を解消!便を柔らかくする3つの方法

便秘が長引くと便は硬くなってしまいます。
便が硬くなるため、さらに便秘は悪化してしまうのです。
排便のたびに痛みを感じることになるでしょう。
もちろん、便が硬いからと言って必ずしも「便秘」というわけではありません。
しかし、何かしらの要因で腸内環境が悪くなっているのは確かです。

  • 便が硬くて困っている
  • 便を柔らかくする方法を知りたい
  • 便が硬いままだとどうなるのか?

そんな人たちのために、便を柔らかくする方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 便が硬くなる原因
  2. 便を柔らかくする方法
  3. 腸内環境をよくするメリット
  4. まとめ

風邪を引くと体中が痛い

「風邪を引くと体中が痛い…」その原因を検証!関節痛はなぜ起こるの?

風邪の引きはじめに起こりやすい症状には、さまざまなものがあります。喉の痛みや鼻水、頭痛のほかに「体中の痛み」を感じる人も多いのではないでしょうか。この症状は「関節痛」です。「熱が出る前に必ず関節痛が起こる」という人も多いでしょう。関節痛の原因が何なのか、ご存じですか? つらい関節痛を緩和するために、その原因について知っておきましょう。「風邪を引いたときの関節痛がつらい」「関節痛の原因は何なのか?」「どうすれば緩和することができるのか?」そんな人たちのために、風邪を引いたときに起こる関節痛の原因と対処法をまとめてみたいと思います。

  1. 風邪を引くと関節が痛む原因
  2. 関節痛を緩和する方法
  3. サプリメントもおすすめ
  4. まとめ

グルコサミンはなぜ関節痛に効果があるのか

グルコサミンは効果なし? 関節痛におすすめのサプリメントは?

グルコサミンとは、アミノ酸と糖分が結びついてできたアミノ糖の一種です。人間の皮膚や爪・靱帯・そして軟骨に存在しており、軟骨の主成分であるプロテオグリカンという物質を作る成分の一つになっています。そのため、関節の痛み防止効果をうたったサプリメントの成分として使われているのです。しかし、現在はグルコサミンの経口摂取の効果に疑問の声も上がっています。
そこで、今回はグルコサミンの解説とその効果について解説しましょう。

この記事を読めば、グルコサミンの正体や関節痛を防ぐために有効な本当の物質についてもよく分かりますよ。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. グルコサミンに関する基礎知識
  2. 本当に関節痛を予防する効果のある成分とは?
  3. サプリメント摂取以外に関節痛予防に効果のあること
  4. 関節痛に関するよくある質問
  5. おわりに

コンドロイチンの効果と副作用

関節痛に効果はある? コンドロイチンの効果と副作用について

ある日を境に関節痛が出てくるようになります。その原因の一つが、コンドロイチンの減少です。コンドロイチンが年々減ってしまうと活発に動くこともできません。そこで、今回はコンドロイチンのことについて紹介します。

この記事では、コンドロイチンの効果と副作用についてまとめました。

  1. コンドロイチンとは
  2. コンドロイチンに副作用はあるのか
  3. コンドロイチンの理想的な摂取量
  4. コンドロイチンが含まれる食品
  5. まとめ

冬の便秘

冬の便秘。あなたは大丈夫ですか?この方法でスッキリ解消しましょう

パンパンに張ったお腹(なか)、下腹部の鈍い痛み、便意はあっても排せつできない辛(つら)さ。便秘には、なった人にしかわからない苦しみがあります。特に、冬になると、それまで症状がなかったのに、便秘になる人が多いようです。あなたは、大丈夫?でも、冬に便秘が多くなるのはなぜなのでしょう。その秘密を解き明かしながら、効果的な改善策を紹介します。

  1. 冬に便秘になる人の生活
  2. 冬に便秘が多くなる原因
  3. 冬の便秘の解消法
  4. まとめ