下剤の副作用の怖さ

【危険】下剤の乱用は今すぐ中止を!便秘薬の副作用の怖さを知ろう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘解消などのために、下剤を使用している人も多いでしょう。確かに、下剤は正しく使用することで効果が出るものです。下剤の全部を否定することは、できません。しかし、下剤を乱用することは、副作用を伴うのでとても危険です。今回は、下剤の乱用で起こる副作用について、さまざまな視点から解説をすることにしましょう。

  1. 下剤の基礎知識を学ぼう
  2. ダイエットに下剤を使っても良いか
  3. 下剤乱用の怖さをしっかり学ぼう
  4. 下剤を乱用し続けるとどうなる?
  5. 下剤の乱用で起こる副作用にかんする質問に回答!

下剤を飲むことが習慣になっていたり、下剤を乱用していたりする人は、ぜひ記事を読んでください。下剤の乱用で起こる副作用の恐ろしさを学び、すぐに依存することを止めましょう。


1.下剤の基礎知識を学ぼう

下剤について正しい知識を持つことは、乱用を防ぐためにも最も大切なことです。まずは、下剤の基礎知識を学ぶことにしましょう。

1-1.下剤の種類を確認しよう

主な下剤の種類については、下記を参考にしてください。下剤の種類にも、たくさんあることがわかることでしょう。

1-1-1.大腸を刺激する下剤

大腸の粘膜に刺激を与えて、働きを促進するタイプの下剤です。大きく分けて、以下の分類になると覚えてください。

  • アントアラキノン系:センナや大黄(だいおう)・アロエなど植物成分が由来の下剤
  • ジフェニルメタン系:ビザコジルやピコスルファート・ラキソナリンなどの合成化学物質が由来の下剤

なお、ジフェニルメタン系の下剤の方が、おだやかな効き目となるでしょう。

1-1-2.小腸を刺激する下剤

小腸に刺激を与えて、ぜん動を促進して排便につなげる下剤です。小腸を刺激する下剤の効き目は、比較的おだやかでしょう。しかし、妊婦には骨盤の充血を促す作用もあるため向きませんので注意してください。

  • 主な成分:ヒマシ油など

1-1-3.腸の中で膨張する下剤

腸の中で水分を吸収してふくらむことで、便のかさを増したり腸を刺激したりして排便を促すタイプの下剤です。おだやかな効果を望むことができますが、即効性はありません。

  • 主な成分:寒天・小麦ふすま・オバタ・プランタゴなど

1-1-4.塩類下剤

塩類下剤とは、腸内の水分量を増すことで便をやわらかくして排出を促すタイプの下剤です。副作用が比較的少ないので、高齢者などの処方にも向くでしょう。ただし、即効性は期待できません。

  • 主な成分:酸化マグネシウム・硫酸マグネシウムなど

1-1-5.糖類下剤

糖類下剤も塩類下剤と同様に、腸内で便をやわらかくして排出を促す効果のある下剤となります。また、糖類は腸内の善玉菌のエサとなるために腸内環境の改善にも役立つでしょう。糖類下剤も、即効性の低い下剤と言えます。

  • 主な成分:ソルビトール・麦芽糖など

1-1-6.浸潤(しんじゅん)性下剤

浸潤(しんじゅん)性下剤は、表面活性剤の性質を利用した下剤です。体内に入った後、便の表面張力を低くしてスムーズな排便を促すことが特徴と言えるでしょう。塩類下剤や糖類下剤と同様に、比較的おだやかな効果の出方をします。

  • 主な成分:ジオクチルソジウムスルホサクシネート

1-2.下剤の効能やメカニズムを理解しよう

下剤を飲むと、腸まで有効成分が届いて刺激を与えることになります。便秘の原因は、腸の動きが何らかの理由によって鈍(にぶ)くなっていること。鈍(にぶ)くなった腸を刺激することは、排便のためのぜん動を促進します。便秘薬の中には、刺激が強いために使用中に激しい脱水を伴うものもあるので注意してください。

1-3.下剤の使用が適している人・便秘解消目的の使用を考えよう

下剤の使用が適している人は、病気などで腸の活動が弱っていたり腹筋が弱くなっていたりして医師が下剤の使用を適当だと認めた人と言えます。実際に大量の便が溜(た)まっていることは、体に取ってよくありません。血圧の高い人は、便を無理に出そうとすると血圧が上がり過ぎて危険です。脳卒中後の人も、同様に排便をスムーズにして血圧を上げないように管理する必要があるでしょう。

1-4.下剤を使用してはいけない人・使用してはいけない場合を考えよう

下剤は、確かにひどい便秘解消に効果があります。しかし、薬の力で便意を起こしているために、体には負担があるのも事実でしょう。たとえば、小さな子どもや体力の無い高齢者、病み上がりの人や、妊娠中の女性などは、できるだけ下剤の使用を避けるべきです。また、ほかの病気の治療を行っている人も医師への相談無しに下剤を使用することは、避けましょう。理由は、ほかの病気の治療を妨害する恐れがあるからです。便秘で悩んでいる場合は、まず、下剤以外の解決方法を考えてください。