お腹が張る悩みを解決する方法

【お悩み解消】便秘によるガスだまり・お腹が張る症状を改善する方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は、真剣に悩んでいる人がとても多いことで有名ですね。特に、便秘になるとガスが原因でお腹(なか)が張ることが辛(つら)いと感じている人も多いでしょう。そこで、今回は、便秘のガスやお腹(なか)が張る悩みを解決する方法をじっくり解説します。辛(つら)い便秘の悩みを無くしたい人は、記事をしっかり読んでください。

  1. 便秘でたまるお腹(なか)のガスとは?
  2. お腹(なか)のガスが増える原因は何か
  3. 便秘以外でお腹(なか)にガスがたまる病気
  4. 便秘によるガスだまりの解消法
  5. 便秘のガスやお腹(なか)が張ることにかんする質問に答えます!

便秘でお腹(なか)がパンパンな状態では、さまざまな悪影響があります。ガスがたまることを解消する方法や、予防方法も解説しているので参考にしてくださいね。


1.便秘でたまるお腹(なか)のガスとは?

便秘でたまるお腹(なか)のガスについて、皆さんはどこまでご存じでしょうか。まずは、便秘のガスの正体について学ぶことにします。

1-1.便秘のガスの正体とは

便秘のガスの正体とは、腸内の老廃物が腐敗することで発生するアンモニアや硫化水素などになります。いわゆる、「おなら」が体内にたまっている状態と覚えてください。通常は、便と同時にガスも体外へ排出できることでしょう。しかし、便秘になるとガスがどんどん腸内にたまることになるのです。

1-2.お腹(なか)にガスがたまるメカニズム

お腹(なか)にガスがたまるメカニズムについて、学びましょう。まず、便が排出できない状態になると腸内の悪玉菌によって便が腐敗しやすくなります。すると、腐敗した便からガスが発生するでしょう。しかし、便秘などで便が詰(つ)まってしまうとガスもそのまま排出できない状態になります。さらに腐敗が進むと、お腹(なか)の張りがひどくなってしまうことでしょう。

1-3. お腹(なか)にガスがたまりやすい人

お腹(なか)にガスがたまりやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか。たとえば、以下のような特徴がある人だと覚えておきましょう。

  • 食生活が乱れている人
  • 不規則な生活習慣を送っている人
  • 運動不足の人
  • 腹筋が弱い人
  • 便秘になっている人
  • 大きなストレスがある人

ガスがたまりやすい人は、何らかの不健康な状態になっていると予想できます。上記で挙げた特徴に心当たりがある人は、改善するように気を付けてください。

1-4.便秘とお腹(なか)のガスの関係

便秘になると、お腹(なか)には便が詰(つ)まっているだけではありません。便と同時に、大量のガスが発生していることも多いのです。つまり、便秘である人は、便のほかにもガスがたまっていることも認識するべきでしょう。便秘でお腹(なか)が張る人は、便と同時にガスの排出や解消についても真剣に考えてください。

1-5.ガスだまりとは

ガスだまりとは、ガスが腸の中で停滞している状態を言います。ガスだまりは、主に以下のような症状を覚えることでしょう。

  • お腹(なか)が張る
  • お腹(なか)に不快感がある
  • おならがたくさん出る
  • おならを上手(じょうず)に出すことができない
  • お腹(なか)が張ると同時に腹痛を感じる

ガスだまりの症状のひとつとして、おならがたくさん出るのに自分で上手(じょうず)にコントロールしにくいという点があります。出したいときには出すことができないのに出してはいけないときに出てしまう、といった悩みを持っている人もいるでしょう。

2.お腹(なか)のガスが増える原因は何か

では、お腹(なか)のガスが増える原因について具体的に学ぶことにしましょう。ガスが増える原因を学ぶことで、お腹(なか)が張る悩みを解消できますよ。

2-1.外部から入ってくるガスが増えるから

食べ物や飲み物以外にも、大量の空気が体内に入る理由を理解しておきましょう。私たちは、食事のときに食べ物を飲み込んだり炭酸ガスを含む炭酸飲料を飲んだりして、外部からガスや空気を飲み込んでいるものです。また、唾液を飲む癖があったりおしゃべりが好きだったりして空気を飲み込んでいることもあるでしょう。外部から入ってくるガスや空気をゼロにすることは、不可能です。しかし、食事の回数が多かったりおしゃべりが好きだったりする人は通常より多く空気が体内に入りやすいことを理解しておきましょう。

2-2.体内で発生するガスが増えるから

ガスは、体外から入ってくるものだけではありません。食べ物が体内に入った後は、消化吸収の段階で分解することになります。食べ物を分解するときに悪玉菌の影響が大きいことは、ガスが大量に発生する原因となるでしょう。また、便秘になると体内にたまった老廃物や便が腐敗してさらにガスが発生するという悪循環になるのです。体内で発生したガスは、悪臭がひどいことが大きな特徴。おならが臭(にお)う人は、体内に便や老廃物がたまっていることを自覚しましょう。

2-3.ガスを体外へ排出する量が減るから

ガスが体内に入ったり発生したりしても、体外へ排出することが可能ならば問題ありません。おならとして、上手(じょうず)に体外に出すことができれば体内に残るガスはほとんど無くなるでしょう。しかし、腸の動きが何らかの原因で低下するとガスを排出することができずに残ってしまいます。たとえば、服で締め付けることやストレスも腸の動きを弱くする原因となるでしょう。生理前になると、腸の動きが弱くなる人もいます。ガスを自然に体外へ排出する状況に改善することも必要でしょうね。

12