アルコールで便秘を解消

アルコールで便秘を解消! スリム美人になるためのお酒習慣

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お酒を飲んだ次の日、「なんだかお腹がゆるい・・・」
そんな経験をしたこと、ありませんか?

実は、お酒には便通を良くする効果があるといわれています。
上手に利用すれば、お酒を便秘解消に利用することもできるんです。

頑固な便秘に悩んでいる方や、慢性的な便秘が改善しない方。
そんな方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. アルコールが便秘に効く理由
  2. どんなお酒が効果的?
  3. おつまみとの組み合わせは?

1.アルコールが便秘に効く理由とは

お酒を飲みすぎるとお腹がゆるくなるのはよくあること。
しかし、お酒そのものが便を柔らかくしているわけではありません。

便秘とは、「便の水分が少なく、調の蠕動運動が鈍くなっている状態」のことを指します。
その状態にアルコールが働きかけてくれることで効果が現れます。

アルコールが効果的な理由は以下の2つです。

1-1.アルコールは血行を良くしてくれる!

アルコールを飲むと、脈が速くなり、顔が赤くなったり体が温かくなったりします。
これは、アルコールに血行を良くする作用があるからです。

血管を膨張させる作用もあり、飲酒した後はいつもより血行が良くなっている感覚がわかると思います。

便秘解消には血行の良さも必要です。
調の血行をよくすることで便秘解消にもつながっていきます。

ただし、血行が良くなるのは飲酒後だけです。
飲酒しすぎると、逆に寒さを感じることもありますので、要注意。
飲みすぎは禁物です。

1-2.アルコールは腸を刺激してくれる!

先ほどもお伝えしたように、アルコールは便そのものを柔らかくしてくれるわけではありません。
当然、アルコールも水分ですから、便を柔らかくしてくれる作用も期待できますが、もっと大きな作用は腸に直接働きかけてくれる作用です。

便秘の原因のひとつに「腸の蠕動運動の低下」があります。
アルコールを飲むと腸に刺激が与えられ、蠕動運動が活発になって便秘解消につながっていくのです。

ただし、ここでも飲みすぎは禁物です。
お酒を飲んだ次の日に、お腹がゆるくなってしまうのは飲みすぎが原因といっても過言ではありません。

お酒は本来刺激が強いものですから、飲みすぎると「程よい便通」を簡単に通り越し、「お腹がゆるい」「不快な下痢」の状態に到達してしまいます。

便秘解消を通り越して、不快な状態にならないように気を付けましょう。
適度な飲酒こそが便秘解消に役立ちます。

「酒は百薬の長」といいますが、まさにその通りですね。
適度な飲酒は体に良い作用をもたらしてくれます。

12