大麦の便秘解消効果は実際どう?1日の目安量と人気のレシピ3つ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大麦は、食物繊維を豊富に含んでいることから便秘解消が期待できます。
今回は、大麦の便秘解消効果についてお話しましょう。

  1. 大麦の便秘解消効果を詳しく解説!
  2. 大麦の摂(と)り方・注意点・1日の目安量は?
  3. 大麦を使った人気のレシピを紹介!
  4. まとめ

大麦の便秘解消効果が気になっている人には、必見の記事ですよ。


1.大麦の便秘解消効果を詳しく解説!

まずは、大麦の便秘解消効果について詳しく解説します。
なぜ、大麦は便秘解消に効果が高いのか、理由をお話しましょう。

1-1.便秘に効果的な食物繊維が豊富

大麦は、もち麦とも呼びます。
大麦には、便秘解消に効果的な食物繊維が豊富です。
食物繊維は、体内で水分を吸収して便の材料となるほかにも、腸の活動を活発にして便を体外に出す役割があります。
特に、野菜不足などで食物繊維が不足している人には、大麦を食べることで便秘解消が期待できることでしょう。
それに、腹(はら)持ちも良いので空腹感悩むことも少なくなります。
大麦を食べることは、便秘解消と同時にダイエット効果も期待できるでしょう。

1-2.体内で善玉菌を増やす働きがある

大麦には、体内で善玉菌を増やす働きがあることをご存じでしょうか。
善玉菌は、体内で老廃物の排出を助ける役割を持っています。
大麦を食べることは、体内の善玉菌を増やすこと。
善玉菌が増えて腸内菌のバランスが整うことが、便秘解消にとても効果的なのです。
糖質や脂質に偏(かたよ)った食事を多く摂(と)る人は、体内に悪玉菌が多く存在しているはず。
悪玉菌が多いことは、便秘になりやすいほか、お肌が荒れたりダイエットしづらくなったりなどにも影響があるでしょう。

2.大麦の摂(と)り方・注意点・1日の目安量は?

それでは、大麦の摂(と)り方や注意点、1日の目安量についてお話します。
効果的に便秘を解消するためにも、しっかり学びましょう。

2-1.1回に摂(と)り過ぎても意味がない

大麦は、1回の食事でたくさん摂(と)り過ぎても意味がありません。
1回の食事でたくさん摂(と)るよりも、できるだけ食事のたびに摂(と)る方が効果的です。
理由は、大麦をできるだけ体内にとどめることができるから。
大麦には、体内で善玉菌を増やす働きがあります。
善玉菌は便秘を解消するためにも、増やすことが必要。
大麦で便秘を解消するためには、1回にたくさん摂(と)るよりも、適量を継続して摂(と)ることをおすすめします。

2-2.1日に食べる量を守って継続する

大麦は、便秘解消に効果の高い食材なことは事実。
でも、1日に食べる量を守ることが大切です。
具体的には、調理後の状態で1日100グラム程度を摂(と)ると良いでしょう。
1日に食べる量を守った上で無理をしないで継続する方法としては、普段の食事に大麦を使ったレシピを活用することです。
大麦を使ったレシピの活用は、健康的に便秘を解消することにつながるでしょう。

2-3.手軽に大麦を摂(と)るためには健康食品の活用を

大麦は、便秘解消効果をはじめとする優れた健康効果があります。
市販の健康食品には、大麦を材料に使っている物もたくさん。
大麦を食べることを手軽に継続するためにも、市販品の大麦を積極的に使用すると良いでしょう。
たとえば、ご飯に混ぜるだけで良いタイプの場合は、手軽に大麦ご飯を食べることができます。
また、お菓子にも大麦が入っている物も多いのでおやつとしてもおいしく食べることができるでしょう。
飽きない秘密は、簡単に用意できることと味に飽きが来ないように工夫すること。
自分で作る以外にも、市販品を活用することを考えてみてくださいね。

2-4.アレルギー体質の人は医師に相談を

小麦など、グルテンに対してアレルギー反応が出る人は、大麦を試す前に医師に相談してください。
大麦でも、アレルギーが出る可能性があるからです。
アレルギー体質の人は、自己判断しないことが大切。
安心して大麦を食べるためにも、医師に相談してから試しましょう。

3.大麦を使った人気のレシピを紹介!

では、大麦を使った人気のレシピをご紹介します。
いずれも、おいしくて簡単にできるレシピなので参考にしてください。
さらに、栄養が豊富で低カロリーなのでダイエット効果も期待できますよ。

3-1.大麦のグラノーラヨーグルト

大麦のグラノーラヨーグルトは、さっぱりとした味わいで朝食におすすめです。
ヨーグルトを一緒に摂(と)ることで、便秘解消にも大きな効果が期待できるでしょう。
大麦のグラノーラは、作り方も簡単。
熱したフライパンに、大麦を入れて弱火で10分ほど煎(い)ってください。
全体的に小麦色になってから、砂糖を適量加え、さらに3分程度炒(いた)めます。
その後、熱を取ったらヨーグルトと合わせて完了。
大麦のグラノーラヨーグルトは、季節のフルーツを入れてもおいしいですよ。

3-2.大麦のトマトスープ

大麦は、スープの具としても活躍します。
ここでは、大麦のトマトスープのレシピをご紹介しましょう。
玉ねぎ・にんじん・じゃがいもなどの野菜を、1センチの角切りにします。
フライパンで野菜を炒(いた)めて、軽く火を通しましょう。
その後、鍋(なべ)に炒(いた)めた野菜と水を入れ、スープストックのもとを投入します。
このとき、同時に大麦も加えましょう。
材料が柔らかくなってから、トマトケチャップを加えて味見をします。
最後に、塩・こしょうで味を調(ととの)えたら完了。
大麦のトマトスープは、ダイエット中のご飯とぴったりですよ。

3-3.大麦のライスサラダ

大麦は、ライスサラダにして食べると野菜もたっぷり摂(と)ることができるのでおすすめです。
大麦のライスサラダは食物繊維が豊富なため、便秘解消にはとても効果的なサラダになるでしょう。
しかも、ボリュームたっぷりなので腹(はら)持ちの良さも魅力的です。
さて、大麦のライスサラダの作り方は、ゆでた大麦をレタスやキャベツをざく切りにして和(あ)えるだけと簡単。
さらに、海藻類やしらすなどの小魚を合わせても良いでしょう。
また、サラダの材料やドレッシングに変化を付けることで毎日でも飽(あ)きないレシピになりますよ。

4.まとめ

さて、大麦が便秘解消に良いことがおわかりいただけたでしょうか。
効果的に便秘を解消するためにも、大麦の知識についてまとめておきます。

  • 大麦の便秘解消効果について理解する
  • 大麦の摂(と)り方や注意点などを学ぶ
  • 大麦を使ったレシピを参考にする

それでは、大麦での便秘解消を試してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加