便秘で発熱はなぜ起こる

便秘で発熱はなぜ起こる?症状や対策・治療方法を詳しく解説します!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘になると、発熱することがありますよね。便秘になるだけでも苦しいのに、発熱するとさらに辛(つら)いことです。では、便秘になるとなぜ発熱が起こるのでしょうか。今回は、便秘による発熱が起こる仕組みや症状だけでなく、対策・治療方法も詳しく解説をします。記事を読むことで、便秘による発熱にかんして速やかに対応ができるようになるでしょう。

  1. 便秘と発熱の関係について
  2. 便秘による発熱から考えることができる病気
  3. 子どもの便秘による発熱について
  4. 便秘による発熱のセルフケアを学ぼう
  5. 便秘による発熱でよくある質問に回答

また、便秘による発熱に対応できるようになるほかにも、便秘そのものの解消についても学ぶことができます。便秘による発熱を繰り返さないためにも、便秘を解消することが何よりも大切です。便秘を根本から解消したい人も、ぜひ読んでくださいね。


1.便秘と発熱の関係について

まずは、便秘と発熱の関係について解説します。便秘が原因で発熱することもあれば、発熱が原因で便秘になることもあることを知っておきましょう。

1-1.便秘と発熱の関係

便秘の症状のひとつとして、発熱を挙げることができます。ただし、便秘のたびに発熱する人もいれば、まったく発熱しない人もいるでしょう。便秘で発熱するかどうかは、人それぞれであると言えます。しかし、便秘が発熱の原因であることは明らかです。また、発熱をすることで便秘になることもあります。便秘と発熱には、相互に深い関係にあることを覚えておきましょう。

1-2.発熱による便秘とは

発熱することが原因で、便秘になることもあります。発熱した状態では、腸の活動も弱くなるため、普段よりも便秘になりやすくなる場合があるのです。また、解熱剤などを飲んでいるときは薬の副作用で便秘になっている可能性も否定できません。なお、発熱による便秘の場合は熱が下がると自然に解消します。

1-3.便秘による発熱

便秘になると、便が腸内に溜(た)まって発酵し有毒ガスが発生します。この有毒ガスが原因で発熱することがよくあるのです。つまり、便秘の人は発熱が起きやすい状態と言えます。原因不明の発熱が起きた場合は、便秘が原因である可能性を考えてみましょう。便秘による発熱を解消するには、便秘そのものを解消する必要があります。

1-4.発熱が起こるメカニズムや主な原因

発熱が起こるメカニズムについて説明しましょう。人体は、何らかの異物や異常を感じると免疫力を高めて正常に戻そうとする力が働くようになっています。このとき、免疫力を高めるために発熱をするのです。発熱の原因は、細菌やウイルスなどの異物侵入やケガや病気によるもののほかにも、便秘による有毒ガス発生も原因となります。

1-5.腸の働きと免疫力について

腸が活発に働いているときは、栄養素の吸収もスムーズで老廃物を便として排出します。腸の働きが正常な状態では、免疫力も正常に働いているものです。しかし、何らかの原因で腸の働きが弱くなると、便を排出する力が不足するために便秘になります。さらに、便秘によって腸の働きが弱くなると、免疫力が弱まって発熱などの症状が出ると考えてください。

1-6.便秘と免疫力の関連について

便秘になると、免疫力が低下します。便秘は、腸内に老廃物が便として溜(た)まっている状態です。便が溜(た)まったままの状態では、腸は正常な活動を行うことができません。すると、栄養素の吸収を妨害することになるため全身に栄養が行き渡りにくくなります。便秘によって体内活動に必要な栄養素が不足することで、免疫力が低下してしまうのです。