花粉症の薬で便秘になる?

花粉症の薬で便秘になるって本当?便秘を引き起こす成分を知ろう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

花粉症の薬の副作用で、便秘を引き起こす可能性があることは事実です。
今回は、花粉症の薬がどうして便秘を引き起こすのかを解説していきましょう。

  1. 花粉症の薬の副作用で便秘になるのは本当?
  2. 花粉症の薬が便秘を引き起こす理由を解説
  3. 花粉症の薬で便秘を引き起こす成分は?対策は?
  4. まとめ

この記事を読むことで、花粉症の薬でどうして便秘になるのか深く理解できますよ。


1.花粉症の薬の副作用で便秘になるのは本当?

花粉症の症状を抑えるために薬を飲んでいる人の中には、便秘に悩んでいる人も少なくありません。
やはり、花粉症の薬の副作用で便秘になるのは本当なのでしょうか。

1-1.花粉症の薬で便秘がちになる人は多い

実際、花粉症の薬を飲んだ後に便秘がちになる人はとても多いです。
薬を飲む前と比べると、便の回数が減ったり量が少なくなったりする場合があるのは事実。
明らかに薬を飲む前よりも便が出にくくなったと感じるのならば、花粉症の薬が原因と考えましょう。
花粉症の薬が、便秘を引き起こしている状態で間違いありません。

1-2.花粉症の薬を飲まない時期は便秘も治る

花粉症の季節が去ると、薬を飲まなくて済むようになりますよね。
つまり、花粉症の薬が原因で便秘になっている人は、薬を飲まなくなると同時に便秘も解消するはず。
自分が花粉症の薬のせいで便秘になっているのか、ほかの原因で便秘になっているのかを正確に判断するには、薬を飲まない時期に判断するべきでしょう。
ただし、便秘が習慣化してしまうと、すぐには正常は排便リズムに戻らないこともあるので様子見も必要ですよ。

1-3.必ずしも便秘になるとは限らない

花粉症の薬を飲んでいる人でも、全員が便秘になるわけではありません。
同じ薬を飲んでいても、体質によっては便秘にならない人もいます。
また、花粉症の薬の中には便秘になりにくい成分の物も。
今飲んでいる花粉症の薬で便秘にならないタイプの物ならば、問題はありません。

12