正しい歩き方

膝の痛みは誤った歩き方が原因!?正しい歩き方をマスターしよう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝の痛みに悩んでいる人は多いものです。
動かすたびに痛くなれば、外出するのも嫌になるでしょう。
膝の痛みによって外出が減ると筋力も低下してしまいます。
そこで、膝に負担をかけない正しい歩き方や誤った歩き方による悪影響、膝の痛みをやわらげるポイントについて説明しましょう。
外出が楽しくなるように膝の痛みを少しずつやわらげる方法を実践してください。

目次

  1. 膝に負担をかけない正しい歩き方
  2. 誤った歩き方による悪影響
  3. 膝の痛みをやわらげるポイント
  4. まとめ

1.膝に負担をかけない正しい歩き方

私たちは毎日歩いて膝を動かしています。
歩き方によっては、膝に負担をかけてしまうので注意しなければなりません。
自分の歩き方を見直すためにも、膝に負担をかけない正しい歩き方を一緒にチェックしていきましょう。

1‐1.しっかり膝を曲げて歩く

あなたは歩くとき、膝をしっかり曲げているでしょうか。
街中では膝をまっすぐ伸ばしたまま歩いている人を見かけます。
膝をまっすぐ伸ばしたまま歩いてしまうと着地の衝撃が膝への負担になるでしょう。
衝撃を吸収できるよう、膝は必ず曲げて歩いてください。
ただし、ただ曲げるだけはNGです。理想としては、膝をあげる歩き方になります。
基本的に、歩行は膝が体重移動の中心です。
中心となる膝が伸びていては、スムーズに体重移動もできません。
また、体重移動するには足首関節も大切なポイントになります。
足首関節であおり運動をしているからこそ、正しい歩行ができるのです。
歩くときはできるだけ1~2cmほど膝を高くあげてください。

1‐2.正しい歩き方のポイントは“3点歩行”と“重心”

膝に負担をかけない歩き方をしている人は“重心”と“3点歩行”が安定しています。
歩くとき、重心がいろいろな方向に行っていませんか?
安定した足裏は重心が真ん中になっているものです。
真ん中以外に重心が傾いてしまうと、膝に余計な負荷がかかってしまいます。
かかとからつま先と、上手に重心移動をしていきましょう。
また、重心を真ん中に持って行くためには“3点歩行”が必要不可欠です。
3点歩行とは、足の指・指のつけ根・かかとの3点がしっかり地面についている歩行になります。以上の3点がしっかり地面についていなければ、重心が傾いてしまうので要注意です。
よくありがちなのが、足の指をつけていない2点歩行になります。
2点歩行で歩いていると、外反母趾(がいはんぼし)や浮き足になるので注意しなければなりません。

1‐3.背筋はまっすぐ、腕の振りを意識する

正しい歩き方は“姿勢”も深く関係しています。
歩いているときの姿勢は必ず“背筋がまっすぐ”です。
背中が前のめりになる、そるような姿勢は膝に負担がかかってしまいます。
背筋をまっすぐ伸ばし、おしりを締めてください。
そして、常に頭の上から糸でひっぱっているような意識を持っておきましょう。糸でひっぱっているイメージをしていれば、自然と背筋がまっすぐになります。
また、「腕の振りを意識すること」も大切です。
腕は前ではなく後ろに振ってください。正しい歩き方は、腕の振り方にも大きく関係していますよ。

12