腸内洗浄は便秘解消に効果がある? メカニズムと注意すべきポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

がんこな便秘を解消する効果があるといわれている腸内洗浄。ダイエット効果も期待できるということで、興味を持っている方もいるでしょう。そこで、今回は腸内洗浄とはどんなものなのかについて紹介します。

最近は、自宅で腸内洗浄ができるキットなども発売されていますが、安易に選ぶのは危険です。がんこな便秘に悩んでいるという方や腸内洗浄について興味があるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 腸内洗浄とは?
  2. 腸内洗浄のメリット・デメリット
  3. 腸内洗浄の注意点

1.腸内洗浄とは?

まず始めに、腸内洗浄のやり方や効果をご紹介しましょう。腸内洗浄は、どこで行えるのでしょうか?

1-1.腸内洗浄とは何をするの?

腸内洗浄とは、清潔な温水を大腸内に注入してたまった便を排出させる方法です。海外では、「コロンハイドロセラピー」という名前で行われています。便秘を解消させる方法はいろいろありますが、がんこな便秘の場合は、たとえ薬に頼っても便が出にくいこともあるでしょう。腸内洗浄を行うことで、このような宿便もすっきりと洗い流せるといわれています。

1-2.腸内洗浄はどこで行えるの?

腸内洗浄は医療行為です。ですから、胃腸科や内科、美容クリニックなどの病院が行っています。腸内洗浄を行っている病院は、その旨(むね)をホームページに掲載しているところもあるでしょう。ただし、腸内洗浄は病気の治療ではありませんから、健康保険が適用されません。自由診療になり、1回につき1万円~1万5000円程度が相場です。

1-3.腸内洗浄は海外の方が盛ん?

腸内洗浄は海外でも盛んです。特に、アメリカでは定期的に行っている人が多いといいます。最近は、海外のエステティックサロンに行かれる方も多いですが、腸内洗浄は医療行為です。安易にこうしたサロンで受けるのは危険です。

2.腸内洗浄のメリット・デメリット

この項では、腸内洗浄のメリット・デメリットをご紹介します。

2-1.腸内洗浄のメリット

2-1-1.腸内がきれいになる

がんこな便秘の人は腸内に便が多くたまっているため、「がんばって出しても、お腹がすっきりしない」と悩んでいる人も多いでしょう。多くの人が腸の中に「宿便」と呼ばれる便をためこんでおり、それが悪玉菌を発生させて腸内環境を悪化させます。腸内洗浄をすれば、このような宿便もすっきり取り去ることができるでしょう。

2-1-2.ダイエット効果がある

人によって宿便の量は異なりますが、多い人では数百グラムほどある場合もあります。また、便秘症の人は1キロ近く便がたまっている場合もあるでしょう。それらが全部排出されるわけですから、体重が数キロ落ちる方もいるのです。また、便でおなかがポッコリと膨(ふく)らんでいた人はそれもなくなるわけですから、ウエストがすっきりする場合もあるでしょう。

2-1-3.デトックス効果

便はもともと速やかに排出されるものです。しかし、便秘で腸内に便がいつまでもとどまると、便が腐って毒素が排出されます。これが、肌荒れなどの原因になるのです。このような毒素の塊のような便を排出すれば、デトックスになります。便から出た毒素は血液にのって体中を巡るので、それが排出されれば血液もきれいになるでしょう。

2-2.腸内洗浄のデメリットとは?

しかし、腸内洗浄はメリットばかりではありません。この項では、腸内洗浄のデメリットをご説明します。

2-2-1.善玉菌まで排出してしまう

腸内を洗浄するということは、善玉菌も悪玉菌と一緒に排出してしまうということです。ですから、腸内洗浄が終わった後の腸は悪玉菌も少ないですが、善玉菌もごくわずかになってしまいます。そのため、多くの病院では腸内洗浄の後にビフィズス菌などの錠剤が処方され、食事指導が行われるのです。

2-2-2.大腸の免疫力が低下する

腸内はもともと、自分の力できれいにする機能や免疫が備わっています。しかし、腸内洗浄を行うと、そのような免疫もすべてお湯が洗い流してしまうのです。ですから、腸内洗浄をやりすぎると大腸の免疫機能が低下してしまうでしょう。

2-2-3.病気を見逃してしまうことも

腸内洗浄は病院で行いますが、検査や治療ではありません。あくまでも腸の中を洗浄するだけです。便秘は生活習慣の乱れからくる体の不調と思われがちですが、病気が原因の場合もあります。たとえば、がんやポリープができて腸内が狭くなり便秘が起こることもあるでしょう。しかし、腸内洗浄を行えば強制的に便が排出されてしまいます。そのため、病気の発見が遅れる場合もあるのです。

3.腸内洗浄の注意点

腸内洗浄をすれば、腸内に残っている便は全部お湯とともに排出されます。ですから、一時的に便秘は解消するでしょう。しかし、便秘体質を改善させることはできません。「便秘になったら腸内洗浄をすればいいや」と考えていると、やがて腸内洗浄をしなければ便が出なくなってしまいます。つまり、腸内洗浄は便秘薬と同じように習慣化してしまうのです。

また、今はAmazonなど大手インターネット通販で腸内洗浄のキットが販売されています。その多くは、カフェインやセンナなどの専用の液体を腸内に入れて洗浄する道具です。「自宅で手軽に腸内洗浄ができる」と評価は高いですが、素人がいい加減に器具を扱うと、腸内に炎症などを引き起こす恐れもあります。ですから、こうした商品を安易に使用するのは避けたほうがよいでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は腸内洗浄の便秘解消効果についてご説明しました。腸内洗浄は一時期テレビなどにも取り上げられ話題になりましたが、頻繁に行うとデメリットの方が強くなります。便秘体質を改善するには、食生活や生活習慣を改めましょう。