ランニングで膝の痛みが出てくる原因

ランニングで膝の痛みが出てくる原因とは? 膝痛を和らげる・予防する方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
ランニング

「ランニングを楽しみたいけれど膝痛が…」と悩んでいる人は必見です。
せっかく趣味として楽しんでいるのに膝が痛んではなかなか走ることができません。
しかし、そのまま痛い膝を放置することも危険です。
膝痛はできるだけ早めに治さなければならないでしょう。
そこで、ランニングをしていて膝が痛む原因や痛みを和らげる方法、膝痛を予防する方法について説明します。
ランニングを楽しむためにも知識を把握しておきましょう。

目次

  1. ランニングをしていて膝が痛む原因
  2. 痛みを和らげる方法
  3. 膝痛を予防する方法

1.ランニングをしていて膝が痛む原因

「何でランニングの最中に膝が痛むのだろう・・・」と悩んではいませんか?
ランニング中膝が痛む「原因」はあります。
膝痛を改善するためにも原因をしっかり把握しておきましょう。

1‐1.フォームが悪い

ランニングをしていて膝が痛む原因は主に3つあります。
1つは「ランニングフォームが悪いこと」です。
フォームを気にしないで走っている人はいますが、悪いフォームでは膝に大きな負担をかけてしまいます。
悪いフォームで走り続けるほど膝痛がひどくなってしまうでしょう。
きちんと正しいフォームでランニングをしなければなりません。
アスファルトでランニングをする際は、余計に膝へ負担をかけてしまうでしょう。
ドタドタとランニングするようなフォームはNGです。手をきちんと後ろまで振りながら走ることが大切になります。
そして、しっかり地面に足をつけなければなりません。
正しいフォームでランニングをしていたかどうか改めて確認してみましょう。

1‐2.しっかり準備運動をしていない

ランニングをしていて膝が痛む原因は「準備運動不足」もあります。
あなたはランニングをする前に準備運動をしっかりしているでしょうか。
「軽くランニングをするだけだから大丈夫」と思っていてはいけません。
準備運動は膝痛を和らげる大きなポイントになります。準備運動は必ずしっかりしてくださいね。
特に、体の筋肉が固まりやすくなる冬場は要注意です。
筋肉が固いままランニングを始めてしまうと膝だけでなく足や腰も傷めてしまいます。
1度傷めてしまえば悪化してしまう恐れもあるので注意しなければなりません。
首・腕・膝・足と体すべての筋肉をゆっくりほぐしていきましょう。
そして、体が温まってからランニングを始めてくださいね。

1‐3.ランニングシューズが合っていない

3つ目の原因は「ランニングシューズの不具合」にあります。
ランニング専用のシューズを使っているでしょうか。
ランニング専用のシューズを使わなければ地面から伝わる衝撃を吸収できません。膝に負担をかけてしまいます。
また、ランニング専用のシューズでも自分の足に合っていない可能性もあるのです。合っていないシューズでランニングすると不安定な状態になります。
不安定のままランニングをしていては、変なところに刺激を与えてしまうでしょう。
自分の足に合ったシューズで走るためにも、スポーツ店などで実際に履いてみてください。
実際に履いて走ってみると自分に合っているかどうかわかりますよ。

12