黒い便が出る原因

黒い便が出る原因は?危険な状態の症状や腸内環境の整え方について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

トイレで黒い便が出てきたら不安になるのは当たり前です。「病気になっている証拠なのでは…」と悪い考えばかり頭の中で巡ってしまうでしょう。黒い便が出るのは何かしら“原因”があります。

そこで、黒い便が出る原因や黒い便の危ない症状、腸内環境を整えるポイントについて詳しく説明しましょう。黒い色の便が続いている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 黒い便が出る原因
  2. 黒い便の危ない症状
  3. 腸内環境を整えるポイント
  4. まとめ

1.黒い便が出る原因

一体なぜ黒い便が出るのでしょうか? 一般的に、健康的な便の色は「黄土色」や「茶褐色」だと言われています。便秘や便がスムーズに出なくなると、便は濃い褐色に変わるでしょう。便の色を改善するためにも、黒い便が出る原因を知ることが大切です。

1‐1.腸内に“悪玉菌”が増殖している

ほとんどの人は“悪玉菌”の増加が黒い便の原因になっています。腸内には「悪玉菌」と「善玉菌」が存在しているのをご存じでしょうか? 悪玉菌が増えるほど便秘になりやすく、腸内環境が悪くなってしまいます。黒い便が続いている人は、悪玉菌が腸内にひそんでいる証拠です。増えた悪玉菌によって便の色が黒くなります。

また、色が変わるだけでなく固くもなるので排出しにくくなるでしょう。できるだけ早めに悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしていかなければなりません。善玉菌は腸内環境を整える効果があります。腸内にいる悪玉菌をやっつけてくれるので一石二鳥です。

1‐2.食べたものや食生活・生活習慣

“食べたもの”が原因で便が黒くなっている可能性もあります。たとえば、イカスミやわかめ、海苔(のり)などの食材は便が黒くなりやすいです。アルコールの中でも赤ワインは色素によって便が黒くなるときもあります。また、貧血になったとき鉄剤を飲む人は多いでしょう。

鉄剤を頻繁に飲んでいると便が黒くなると言われています。しかし、黒い便が長く続いている場合は“食生活”や“生活習慣”の乱れが原因の可能性が高いでしょう。食生活や生活習慣が乱れるほど、便秘になりやすくもなります。基礎的な生活が乱れている人は注意しなければなりません。

睡眠をしっかり確保する、栄養バランスの整った食事にする、適度な運動を続けるなど毎日の積み重ねが大切になります。

1‐3.重度の血便や病気の可能性も

黒い便が長く続いているのは、「重度の血便」が原因の可能性もあります。軽度の血便であれば便は黒くなりません。しかし、病気が進行して出血量が増えると黒い便に変化するのです。最初は感じていなかったのに、黒い便だと実感できるようになります。

また、胃や十二指腸の出血が原因で黒くなっている恐れもあるでしょう。黒い便はさまざまな病気がひそんでいる証拠にもなります。決して、「一時的なものだから」と安心してはいけません。

便秘が原因なら腸内環境を整える、不規則な生活習慣に改善するなど原因に合ったアプローチが必要になります。病気の場合は、専門の医療施設で治療を受けたほうが好ましいです。素早い判断をするためにも、注意しておきたい黒い便の症状をチェックしておきましょう。

2.黒い便の危ない症状

2‐1.貧血や便が赤黒い

黒い便と言っても状態はさまざまです。いつもどおりで黒い便以外に何も異変がなければ、軽症の便秘や生活習慣が問題になっているでしょう。しかし、黒い便が出始めると同時に「貧血」が頻繁に起き始めたら注意しなければなりません。貧血は体の中にある血液が少なくなっている証拠です。つまり、胃や十二指腸から出血が起きている可能性があります。

貧血が続き、毎回黒い便が出ているのならすぐ病院に行ってください。また、便が赤黒くなっている状態も危険です。血が混ざっているため便が赤黒くなっています。

2‐2.下痢や腹痛が起きる

黒い便と同時に「下痢」が頻繁に起きると“タール便”の可能性が高いです。タール便は内臓から大量の出血が起きている証拠になります。下痢の状態がひどくなればなるほど、タール便の症状も悪化するでしょう。

タール便から当てはまる病気は胃潰瘍や十二指腸潰瘍・胃炎です。すぐに治療しなければなりません。最悪、胃がんになっている可能性もあります。命に関係することなので注意が必要です。

また、黒い便に粘膜がはりついているなら感染症など細菌が関係しています。さらに、下痢と同じく注意しなければならない症状が「腹痛」です。便秘になると腹痛は起きやすくなってしまいます。腹痛が起きた際の黒い便は病気の確率が高いので注意しなければなりません。

時間がないからと病院に行かない人は多いものです。しかし、早めの受診が快適な生活に改善できる近道にもなります。決して無理をせず、すぐに病院へ行きましょう。

3.腸内環境を整えるポイント

3‐1.腸内環境を整える成分を摂取する

黒い便の状態によっては病院を受診しなければなりません。専門の治療を受けながら自分で腸内環境を整えることも大切なポイントです。日ごろの生活習慣によって少しずつ腸内環境を整えることができます。

特に気をつけてほしいのが“食生活”です。食生活は腸内環境に大きな影響をもたらします。できるだけ腸内環境を整えてくれる成分を摂取していきましょう。代表的な成分が「食物繊維」とオリゴ糖などの「乳酸菌」です。食物繊維は腸内にたまっている老廃物や毒素を排出してくれます。そして、オリゴ糖などの乳酸菌は悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしてくれるのです。食物繊維が豊富に入っている野菜を中心に食生活を改善していきましょう。朝食にはオリゴ糖が入っているヨーグルトなどの乳製品がおすすめです。

3‐2.適度に運動を続ける

腸内環境を整えるポイントは“日ごろの行い”にあります。つい運動不足になってしまいますが、運動はできるだけ毎日続けてください。適度に運動を続けることで腸内の働きが活性化します。
便を押し出すための働きが良くなるでしょう。

運動が苦手な人でも20分~30分のウォーキングで構いません。そとに出るのが嫌なら、家の中でストレッチをしてください。ストレッチをするだけでも体の機能や基礎代謝がアップします。
特に、腸内のストレッチになる腹式呼吸や体をひねる運動が効果的です。

まずは自分ができることから始めていき、少しずつ習慣化づけることが大切になります。3日坊主になっては意味がありません。腸内環境の改善は毎日地道に続けることがポイントになるでしょう。

3-3.複方熊胆円を飲んでみる

熊胆は古くから胃腸の働きを改善させる薬として多くの方に愛用されてきた伝統薬です。複方熊胆円は本物の熊胆、天然の生薬を主原料としており、代謝・排泄に重要な胆汁分泌を促すことで体本来の機能を回復させます。胃腸機能の低下によるさまざまな体の不調に効果的です。

複方熊胆円の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

4.まとめ

黒い便が出る原因や黒い便の危ない症状、腸内環境を整えるポイントについて説明しました。いかがでしたでしょうか? 黒い便にも人によってさまざまです。

黒い便になりやすい食べものを食べる、便秘が原因の場合は生活習慣の改善で解消できます。しかし、下痢や腹痛が起き便が赤黒くなっているようなら病気の可能性が高いので要注意です。
すぐ専門の医療施設で検査してもらったほうが良いでしょう。

黒い便の状態を確認しつつ、原因を突き止めてください。そして、自分でできることを実践していきましょう。たとえば、食物繊維やオリゴ糖など腸内環境を整える成分の摂取、適度な運動などできることはたくさんあります。日ごろの積み重ねが大きな効果をもたらしてくれるでしょう。