便秘が微熱を生じる原因

便秘が微熱を生じる原因を5分で解説! 発熱症状は病気の前触れ?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘と微熱とが同時に起こると、「これはもう重大な病気では?」と肝を冷やしてしまうでしょう。ですが、冒頭でお教えします。便秘による発熱症状はおかしなことではありません。炎天下でパソコンを長時間起動したら熱暴走するのと同じく、自然な出来事です。ただ1つ、放置するのはNGとなります。自分の体です。発熱するということは体が何かと闘っているわけですから、無視してはいけません。その理由について、今回は便秘と微熱に注目して記事をまとめてみました。忙しい方でも目を通せるように、5分で読むことができる情報量でお届けします。ぜひ最後までお付き合いください。

  1. 便秘と微熱の関係とは?
  2. 便秘による微熱症状から考えられる病気とは?
  3. 自律神経と密接にかかわる便秘と微熱
  4. 子どもに多い便秘による微熱症状
  5. 便秘で微熱が出た場合のセルフケア
  6. 便秘と微熱とにかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後までお付き合いいただければ、便秘で微熱が出る理由と対処法とをご理解いただけます。今日から実践できるセルフケアも掲載していますので順を追って見ていきましょう。


1.便秘と微熱の関係とは?

便秘で微熱が出るのは自然なことだと冒頭でお伝えしました。それでは、その詳細について最初の項で触れていきます。なぜ発熱症状が起こるのでしょうか?

1-1.便秘と微熱の関係

便秘と微熱は一見すると関係ないと思われがちですが、大きな誤解です。「便秘→微熱」「微熱→便秘」と互いに原因となる特性を持ち、片方を改善することでうそのように症状が治るケースもあります。

1-2.微熱による便秘とその原因

風邪などで発熱すると発汗量は普段の2倍です。きちんと水分補給をしないと体は脱水症状になります。体内から水分が失われるとどうなるでしょうか? 忘れてはいけないのが、脱水症状は皮膚などの目に見える箇所が乾燥するだけではなく、体内の臓器・血液でも水分量が減るということです。さすがに血液がカラカラに乾ききってしまうことはありませんが、腸内ではそうもいきません。排便しやすくするために柔らかくなっていた便は渇いて硬くなり、排泄(はいせつ)しづらくなってしまいます。よって、便秘になるのです。

そのほか、発熱を治療するための風邪薬や解熱剤には、せき・鼻水など、体のあらゆる諸症状を抑える働きがあります。効能には胃腸の働きを妨げる成分も含まれており、便秘の引き金となり得るのです。

1-3.便秘による微熱とその原因

風邪をひくと体にウイルスや細菌といった異物が侵入するため、体は体温を高めて菌をやっつけようとします。そして、この作用は便にもおよぶのです。
食べ物から栄養を摂取し、不要となったものを体は便として排出します。つまり、便は体に不要な異物というわけです。便秘はその異物が腸内にとどまっている状態ですから、体は便という異物を排除しようと発熱します。この仕組みこそ、微熱が出る原因なのです。

1-4.腸の働きと免疫力について

腸は第二の脳といわれるほど人間にとって重要な器官です。腸内細菌をご存じでしょうか?
人間は腸の中に100兆個以上の細菌を飼って、共存しています。重さに変えると1.5kgにもおよぶ腸内細菌たちは、生きるために宿主の体を守らなくてはいけません。
代表的な1つが免疫機能の向上です。腸内では、悪玉菌が基準値以下であれば適度な刺激となり、体の免疫力もたもたれます。

1-5.便秘と免疫力の関連について

便秘は腸内環境を悪化させ、前述した悪玉菌を増やしてしまいます。すると、腸内細菌のバランスが崩れ、免疫力を向上させる機能が衰えてしまうのです。肌が荒れ、風邪などにもかかりやすくなってしまいます。