車を運転するとき膝痛になる方へ~膝痛の原因と対策について~

このエントリーをはてなブックマークに追加

車を運転しているとき、膝の痛みで困っていませんか?
膝痛が続いてしまうと、車の運転ができなくなってしまいます。
無理に運転しようとすれば、事故につながる危険性もあるのです。
なぜ、運転時に膝痛が起きてしまうのでしょうか。
運転時に起きる膝痛の原因や対策、膝痛の治し方や注意点について説明します。
気になっている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 運転時に起きる膝痛の原因・対策
  2. 膝痛の治し方
  3. 膝痛を放置する危険性と注意点
  4. まとめ

1.運転時に起きる膝痛の原因・対策

なぜ、運転時に膝痛が起きるのでしょうか。
膝痛の対策をするためにも、原因を知らなければなりません。
原因を知り、効率的に膝痛を治していきましょう。
原因不明の人は、ぜひチェックしてくださいね。

1-1.運転にかかる膝への負担が大きい

運転時にかかる膝への負担は、あなたが思っているよりも大きいものです。
膝痛を起こすとき、階段の上り下りが多いでしょう。
しかし、運転時は、普段からくる負担よりも大きいのです。
ずっとシートに座っているので、膝への負担が少ないと思ってしまいますよね。
たとえば、乗り降りするときに負担がかかるものです。
車高があるほど膝への負担は大きいですが、低い場合も負担はかかります。
かがまなければならないので、膝を深く曲げなければなりません。
また、かがんだまま横に移動する必要があります。
普段の生活では刺激のないところまで、負担がかかってしまうのですね。
アクセルやブレーキを踏むときも、膝へ負担がかかっています。

1-2.膝周辺の血流が悪くなる

普段しない動きをしているからこそ、膝周辺の血流が悪くなってしまいます。
さらに、同じ動きばかり繰り返すので、膝の動く範囲が限定するのです。
膝周辺の血流が悪くなると、むくみも起こるでしょう。
下半身にばかり血液が流れてしまい、慢性的な痛みが起こるケースもあるのです。
慢性的な痛みになってしまうと、治るまで時間がかかってしまいます。
運転時の膝痛が当たり前になってしまうのです。
慢性化する前に、対策を立てておかなければなりません。

1-3.シートの位置・背もたれの角度を調整する

運転時の膝痛対策は、2点あります。
1つ目は、「シートの位置を調整すること」です。
膝に負担をかけているシートの位置になっている可能性があります。自分に合った位置に調整しなければなりません。
まず、シートに深く座ってください。
ハンドルをにぎり、腕を少し曲げたところでシートの位置を調整します。調整するとき、足がペダルに当たっているかどうか、膝が少し曲がるかどうかチェックしてくださいね。
ペダルを踏んだとき、膝がまっすぐ張る位置はNGです。
そして、2つ目は「背もたれの角度を調整すること」になります。
理想的な角度は、寝かせすぎない角度です。できるだけ背筋がまっすぐなるよう、リラックスした姿勢でいることのできる角度にしてください。
腕と足のバランスがどうしても悪くなる場合は、クッションを利用すると良いですよ。
1つクッションを置くだけでも、だいぶ運転しやすくなります。膝への負担もかかりません。

2.膝痛の治し方

2-1.サポーターを利用しながら負担をかけない動作を身につける

運転時の膝痛を治すためには、負担をかけない動作を身につけなければなりません。
膝痛になると、無意識に痛みを避ける動作をします。
しかし、膝痛を避ける動作を続けると膝(ひざ)関節が変形する恐れもあるのです。
いずれ、「変形性関節症」と言った病気になってしまいます。
慢性的な痛みが続くことになるため、注意しなければなりません。
膝痛を治すためには、サポーターを利用しながら負担をかけない動作を身につけていきましょう。
膝痛を抑え、無駄な動作をしないためのサポーターが発売しています。
サポーターを活用しつつも、適度な運動を取り入れてください。
長時間運転をする合間でも休憩を取り、ストレッチをしましょう。
血流が悪くなっているため、ストレッチで流れをよくするのです。

2-2.膝(ひざ)関節を形成する成分サプリメントを摂取する

老化と同時に、膝(ひざ)関節を形成するために必要な成分が吸収できなくなります。
一時的に痛みを抑えることができる鎮痛剤や痛み止めはありますが、根本的な改善にはなりません。
そこで、おすすめしたいのが、成分が摂取できるサプリメントです。
膝(ひざ)関節を強くしてくれる成分を摂取することで、膝痛を緩和する効果が期待できます。
加齢によってなかなか吸収できない成分でも、サプリメントなら気軽に摂取できるのです。
1日決まっている量を服用し続けていけば、膝痛も自然と治まりますよ。
ぜひ、膝痛に効果的な成分のサプリメントを利用してください。

3.膝痛を放置する危険性と注意点

3-1.膝痛を放置するとどうなるの?

膝痛をそのまま放置すると、大変なことになってしまいます。
「痛みが少ないから」「運転時にしか痛みがないから」と安心してはいけません。
いずれ痛みがひどくなり、運転できなくなってしまう恐れがあります。
膝痛は慢性化しないうちに、改善する必要があるのです。
先ほども出てきましたが、「変形性関節症」になる可能性があるでしょう。
変形性関節症は、名前のとおり、関節が変形する病気です。運転する機会が多いトラック運転手に多いと言われています。
また、骨が弱くなっている高齢者の女性にも多い傾向があるでしょう。
膝を曲げ伸ばしするたびに痛みが走り、普通に歩けなくなってしまいます。
運転時だけでなく、日常生活にも支障をきたしかねません。
変形性関節症にならないためにも、膝に負担をかけない運転を心がけてください。

3-2.毎日の対策が大切

膝痛を改善するには、毎日の対策が大切です。
長時間の運転をする人は特に、日々のマッサージがポイントになります。
膝周囲が血行不良になっているため、疲れたときはマッサージで血流を促しましょう。
運転の休憩時にも良いですが、毎日お風呂あがりや入浴中にすると効果的ですよ。
入浴中やお風呂あがりは、血液の流れが活性化しています。
活性化しているときにマッサージをすると、血流促進効果が高まるのです。
できるだけ毎日マッサージをしてください。マッサージだけでなく、ストレッチも効果的です。
ストレッチは膝周辺の筋肉をやわらかくしてくれるので、負担が軽減できます。
ぜひ毎日続けてくださいね。
対策をしても、膝痛が治まらない場合は、すぐ病院に行きましょう。
病院で専門的な治療を受けなければならない可能性もあります。
不安な気持ちでいる人は、病院で原因を突き止めてくださいね。

4.まとめ

運転時に起きる膝痛の原因や対策、膝痛の治し方、膝痛を放置する危険性と注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
運転時の膝痛に悩んでいる人は、必ずチェックしてほしい内容ばかりです。
不安なまま生活するよりも、原因を突き止め改善していきましょう。

  • 運転にかかる膝への負担が大きい
  • 膝周辺の血流が悪くなる
  • シートの位置や背もたれの角度を調整する
  • サポーターを利用しながら負担をかけない動作を身につける
  • 膝(ひざ)関節を形成する成分サプリメントを摂取する
  • 膝痛を放置すると「変形性関節症」になる
  • 毎日マッサージやストレッチをする

以上のポイントを踏まえつつ、対策をしてください。
膝痛は、自分の行動や取り組みしだいで治すことができます。
どうしても原因がわからない人は、病院を受診してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加