「温熱治療」とは?

慢性の膝痛をやわらげる「温熱治療」とは?メカニズムや種類について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝の痛みは非常にやっかいなものです。膝痛のせいでスムーズに動作ができない人は多いでしょう。
膝痛を放置すればするほど、悪化してしまいます。
そこで、膝痛をやわらげることができる「温熱治療」について説明していきましょう。温熱治療のメカニズムや種類、注意点など詳しくご紹介します。
現在、膝痛で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

  1. 温熱治療のメカニズム
  2. 温熱治療の種類
  3. 温熱治療の注意点
  4. まとめ

1.温熱治療のメカニズム

メカニズムについて何も知らないまま治療を受けるより、きちんと把握したほうが効率的です。
膝痛を治すためにも、温熱治療のメカニズムについて知りましょう。
では、これから詳しく説明していきます。

1-1.患部を温める「温熱療法」

膝痛をやわらげる治療法はさまざまです。
治療法の1つになっているのが患部を温める「温熱療法」になります。
痛みが出ている患部を温めることで痛みがやわらぐ仕組みです。
温め方はさまざまですが、主に“入浴”が基本になります。入浴時にしっかり膝を温めてください。
入浴は膝を温めるだけでなく、全身の血の巡りが活性化します。血行促進効果によって、膝にたまっている老廃物や毒素が排出できるでしょう。
また、温熱療法は入浴だけではありません。
自分でできる温熱療法としては、“サポーター”や“膝かけ”を利用する方法もあります。できるだけ普段から膝を冷やさないように注意することが大切です。

1-2.炎症を抑える“免疫システム”の向上

膝痛を感じたとき、患部は炎症を起こしています。
膝の関節・骨同士がこすれ合い、クッションの役割を果たしている軟骨がすり減っているのです。
炎症による痛みは適切な処置で自然と治まります。
しかし、膝痛が治まらない人は免疫システムが機能していない証です。
そこで、温熱療法のメカニズムが役立ちます。
温熱療法は弱くなっている免疫システムに刺激を与えてくれるのです。
また、免疫システムは日ごろの食生活や生活習慣も関係しています。
最近、私生活の乱れを感じている人は正しい生活に改善してください。
特に、食生活は膝の軟骨形成につながる成分が吸収できます。必要な成分を食事、またはサプリメントから摂取してください。

1-3.血行促進と気の流れ

温熱療法は、血行促進と気の流れを改善する2つの効果があります。
私たちの体には「ツボ」がたくさん存在しており、ツボをとおって気が流れているのです。
気の流れが1か所にとどこおってしまうと病気になりやすく、膝痛も悪化します。膝痛で悩んでいる人は気の流れが悪くなっている証拠です。
そこで、温熱療法を利用すると気の流れがスムーズになります。
また、気の流れと同時に血行促進効果も生まれるのです。
血液の流れが悪くなると毒となる老廃物・毒素がたまってしまいます。
温熱療法によって動脈・静脈が拡張して血の流れが良くなるでしょう。
以上のメカニズムから、温熱療法は膝痛に効果的です。
膝痛を少しでもやわらげるため、自分でできる温熱療法から始めてみてはいかがでしょうか。

12