二日酔いの予防方法

二日酔いになりやすい方必見! 予防方法や対策方法を紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お酒を飲み過ぎるたびに、頭痛や胃のむかつき・吐き気などの二日酔いに悩まされている方はいませんか? お酒の飲み過ぎはよくありませんが、楽しく飲んでいるうちについ度を越してしまった、ということもあるでしょう。二日酔いを予防する方法があればいいのにと考えている方もいるかもしれません。

そこで今回は、二日酔いを予防する対策方法をご紹介します。

  1. 二日酔いのメカニズムや原因
  2. 二日酔いの予防方法とは
  3. 二日酔いになってしまった場合の対策方法
  4. 二日酔いを予防したい方のよくある質問

二日酔いの予防方法を知っていれば、二日酔いで苦しむことも少なくなります。二日酔いの予防方法を探しているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.二日酔いのメカニズムや原因

はじめに、二日酔いが発生するメカニズムや原因をご紹介します。いったいなぜ二日酔いは起こるのでしょうか?

1-1.二日酔いとは?

二日酔いとは、多量のアルコールを摂取したことによる複合的な症状です。アルコールを摂取すると、血管が拡張して胃酸が盛んに分泌されます。お酒を飲むと顔が赤くなったり食欲が出たりするのはこのためです。

一方、アルコールが体内に入ると肝臓はアルコールを分解します。この時生まれるのがアセドアルデヒドという有害な物質です。このアセドアルデヒドも最後には分解され水と酢酸になりますが、アルコールの摂取量が多すぎると分解が間に合わないこともあります。分解が間に合わないとアセドアルデヒドが長時間体内留まってしまうのです。

つまり二日酔いとは、お酒の飲み過ぎによる胃酸過多・脱水症状・血管拡張などの症状が現れた状態のこと。また、分解しきれなかったアセドアルデヒドも吐き気や頭痛・胸やけなどの症状を引き起こします。

1-2.二日酔いの主な症状

二日酔いになると

  • 胸のむかつき
  • 吐き気
  • 頭痛
  • ひどい喉の渇き
  • 脱力感

などが症状として現れます。

1-3.二日酔いになりやすい人とは?

二日酔いは、お酒を飲み過ぎれば誰にでも起こります。特に、

  • 空腹でお酒を飲むことが多く、おつまみをあまり食べない人
  • 色々なお酒を飲むことが多い人
  • 口当たりの良いお酒を飲むことが多い人
  • アルコールに強いと思っている人

このような方は、二日酔いになりやすいので注意が必要です。

1-4.二日酔いの主な原因

二日酔いは、アルコールが体へ吸収されるスピードが速いほど、起こりやすくなります。アルコールを分解するスピードが追いつかなくなるためです。空腹でお酒を飲むと、いつもよりも少ない量で酔いが回ったという経験がある方もいるでしょう。
また、色々な種類のお酒を飲むと、味や口当たりが変わって一種類のお酒を飲み続けるよりもたくさん飲めます。すると、つい飲み過ぎてしまい二日酔いになりやすいでしょう。

1-5.二日酔いに潜む危険

二日酔いになるということは、肝臓がオーバーワークをしている証拠です。二日酔いになることが多い人ほど、肝臓には負担がかかっています。また、胃や腸などの消化器官などにも同じように負担がかかっているのです。二日酔いは遅くても1日あれば治りますが、肝臓や消化器官の受けたダメージは蓄積し、肝硬変などを引き起こすこともあるでしょう。

12