ランナーズニーの原因

ランナーズニーとは?知っておきたい原因・予防・治療法について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

マラソンやジョギングをしている人に多い“ランナーズニー”という症状があります。
ランナーズニーはスポーツ障がいの1つです。
正式名称は「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」という名前になります。
ランナーズニーで悩んでいる人はできるだけ早めに改善していかなければなりません。そこで、ランナーズニーになる原因や予防法、治療について詳しく説明します。

目次

  1. ランナーズニーの原因
  2. ランナーズニーの予防法
  3. ランナーズニーの治療法
  4. まとめ

1.ランナーズニーの原因

中距離ランナーに多い“ランナーズニー”とはどのような症状なのでしょうか。
ランナーズニーを解消するには、詳しく知識を身につける必要があります。
ランナーズニーとは何なのか、また、原因についても詳しく説明しましょう。

1‐1.ひざの曲げ伸ばしがしにくくなる症状

ランナーズニーは基本的に日常生活に支障はありません。
しかし、ランニングやジョギングを20分~30分ほどし続けていると、次第にひざが曲げ伸ばししにくくなってしまいます。
ひざの曲げ伸ばしができなくなる特徴こそ、ランナーズニーの症状です。
ランニング・ジョギングをするときは常にひざを曲げ伸ばしすることになります。
ひざの屈伸運動を続けることで太ももの骨と腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)がこすれ合い炎症を起こすのです。
炎症がひどくなった結果、上手に曲げ伸ばしができなくなります。
そして、痛みが出てくることもあるのです。
特に、O脚や内またで走っている人ほどランナーズニーになりやすいと言われています。

1‐2.ランニングフォームが正しくない

ランナーズニーの原因は一体何なのでしょうか。
いまだ、原因についてわからない人は多いと思います。
ランナーズニーの主な原因は“間違ったランニングフォーム”です。
あなたは、正しいランニングフォームで走っているでしょうか。
自分は正しいと思っていても誤っている可能性があります。間違ったランニングフォームを続けていると、体の変なところに負担をかけてしまうのです。
そして、ひざに大きな負担がかかった結果、ランナーズニーになります。
現在、体がぶれている人はランニングフォームが間違っている証拠です。
ひざが外向き、つま先が内向きになるランニングフォームに改善しなければなりません。
また、ランニングシューズが自分の足に合っていない可能性もあります。そとがわのかかと部分がすり減っている人は注意が必要です。

1‐3.生活習慣の乱れ

ランナーズニーの原因は“生活習慣の乱れ”も入っています。
あなたは毎日規則正しい生活習慣を送っているでしょうか?
生活習慣の乱れはひざに必要な栄養素を与えることができません。
ひざの関節を守っている“軟骨”は老化とともにすり減ってしまいます。
すり減った分、必要な栄養素で補ってあげることが大切です。
よって、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠を心がけてください。
最近、食生活が乱れてきている人は注意しなければなりません。少しずつ栄養バランスの良い食事を心がけていきましょう。

12