膝の痛みに悩む方

膝の痛みに悩む方へ!歩くと痛い原因と対処法とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「座っているときはよいのだけれど、歩くと膝が痛い」という悩みを抱えている方は、少なくないでしょう。膝の痛みは、加齢によって起こる最もポピュラーな症状のひとつ。「歩くと痛いくらいは、がまんしよう」と思っている方も多いと思います。しかし、この症状を放置しておくと痛みが強くなるケースも少なくありません。早めの対処が必要です。

そこで、今回は膝が歩くと痛い原因やその対処法をご紹介しましょう。最近膝が痛むようになったという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 膝が痛む原因とは?
  2. 膝が歩くと痛い場合の対処法とは?
  3. 膝の痛みを予防したりやわらげたりする方法とは?
  4. おわりに

1.膝が痛む原因とは?

膝は、人体の中で最もたくさん動かす関節のひとつです。特に、歩くときは膝(しつ)関節の動かす速度によってスピードを調節します。ですから、激しく動くほど関節を酷使することになるのです。これを踏まえて、膝が歩くと痛い原因の一例をご説明します。

1-1.軟骨がすり減った

加齢による膝の痛みで、一番多い原因がこの「軟骨のすり減り」です。膝は、いくつもの関節からできています。この関節同士は靭帯(じんたい)でつながっているのですが、その先端には「軟骨」と呼ばれる柔らかい骨がついているのです。焼き鳥で「軟骨」という部位がありますね。あれと同じです。

軟骨は、関節同士が直接ぶつからないようにクッションの役割を果たしています。しかし、この軟骨は年とともにすり減っていくために関節が直接ぶつかり合うようになって痛みを感じるのです。これが「年をとると膝が痛みやすくなる」ということ。これは、加齢の一種なので完全に防ぐことも治すこともできません。しかし、膝の痛みをやわらげたり予防したりすることはできます。

1-2.靭帯(じんたい)を痛めてしまった

激しいスポーツや交通事故などで、膝の関節をつなぐ「靭帯(じんたい)」を痛めた場合も、歩くと膝が痛くなります。若くてスポーツをしている人の膝の痛みは、これが原因のことが多いでしょう。また、交通事故で膝をけがした場合も靭帯(じんたい)の損傷が原因で歩くと膝が痛いと感じることがあります。

1-3.炎症

何らかの原因で、膝の関節が炎症を起こしても痛みを感じます。この場合は、重症になると安静にしていても膝が痛くなるでしょう。炎症を治療しない限り、痛みは治まりません。また、炎症がひどくなると膝に水がたまる場合もあります。

1-4.病気

リウマチや通風などを発症すると、関節がはれたり痛んだりします。初期のころは動かすと痛む程度ですが、病気が進行すると安静にしていても痛みを感じるようになるでしょう。リウマチは女性に、痛風は男性に多い病気です。このふたつの病気は早期に治療を開始するほど、進行を食い止められます。

また、病気による関節の痛みは膝以外にもひじや指の関節にも起こるのです。ですから、「運動をしていないのに関節が痛い」という場合は、一度病院を受診してみてください。

12