関節痛のサプリメントを選ぶポイント

関節痛のサプリメントを選ぶポイント! 話題の非変性2型コラーゲンとは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

歳をとると、ひざやひじといった関節に痛みを感じることが多くなります。歳だから仕方がないという意見もあるでしょう。整形外科を受診しても痛み止めや湿布薬を処方されるだけかもしれません。そこで、活用したいのがサプリメントです。しかし、現在関節痛をやわらげるとうたっているサプリメントはたくさん出ています。いったい何を基準に選べばよいのでしょうか?

今回は、関節痛に効果的なサプリメントの選び方についてご説明します。サプリメント選びに迷っている方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 関節痛が起こる原因とは?
  2. サプリメントの必要性は?
  3. サプリメントの選び方は?
  4. サプリメント使用時の注意点

1.関節痛が起こる原因とは?

私たちの体には、たくさんの関節があります。ひじやひざが自由に曲げ伸ばしできるのは、関節のおかげです。ただし、関節だけでは骨は滑らかに動かせません。筋肉や腱(けん)が骨と関節を支えているからこそ、関節は動かせるのです。

また、関節に接する骨には軟骨という組織が付いています。軟骨とは文字どおり柔らかい骨のことで、骨の先端にくっついてクッションの役割を果たしているのです。しかし、年をとると軟骨がすり減ってしまい、関節を動かすときに骨と骨とが直接ぶつかり合って痛みが生じます。軟骨には再生機能が備わっていますが、歳をとるにつれてその再生機能も衰えてくるのです。

それ以外にも、関節液の増減が関節痛の原因になります。関節液が多すぎると「ひざに水がたまった」状態になり、関節がうまく動かなくなるのです。反対に、関節液が少なくなりすぎても、痛みが生じます。これもやはり加齢による身体機能の低下が原因です。ですから、根本的な治療法がなく、病院を受診しても、痛み止めや湿布薬を渡されておしまいになってしまいます。

12