コンドロイチンの効果と副作用

関節痛に効きます! コンドロイチンの効果と副作用について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ある日を境に関節痛が出てくるようになります。その原因は、コンドロイチンが体から減少するからです。
コンドロイチンが年々減ってしまうと活発に動くこともできません。そこで、今回はコンドロイチンのことについて紹介します。
この記事では、コンドロイチンの効果と副作用についてまとめました。

目次

  1. コンドロイチンとは
  2. コンドロイチンに副作用はあるのか
  3. コンドロイチンの理想的な摂取量
  4. コンドロイチンが含まれる食品
  5. まとめ

1.コンドロイチンとは

テレビや雑誌などでよく耳にする「コンドロイチン」
しかし、その成分や効果について詳しく知らないことは多いでしょう。この項目でしっかりチェックしてみてくださいね。

1-1.コンドロイチンの特徴

コンドロイチンは、皮膚や粘膜など体内のさまざまな部分に存在している成分です。特に、よく知られているのは軟骨にあるコンドロイチン。軟骨に水分を運んで弾力性を高めるのが役割です。実は、軟骨には血管が通っていません。そのため、栄養が血液によって運ばれないのです。血液の代わりにコンドロイチンが栄養を運んでいます。

1-2.コンドロイチンの効果

コンドロイチンの効果として大きいのは、軟骨の水分保持です。
コンドロイチンは、年を重ねるごとに体内での生産量が減少します。そのため、軟骨に水分が行き渡らずに痛み出すことに。
コンドロイチンを摂取すると軟骨へ水分を運ぶ量が増えます。その結果、軟骨を分解する酵素を調整・コラーゲンの新鮮さを保つのです。
また、コンドロイチンが作用するのは軟骨だけではありません。体中のさまざまな臓器・皮膚・粘膜に作用して水分を引き寄せます。言わば、体中の水分を管理するのがコンドロイチンです。
水分を保つ点で言えばアンチエイジングにも一役買っています。

1-3.若さと骨を保つ効果もある

コンドロイチンは、水分だけでなくカルシウムの代謝にも大きくかかわっているのです。関節だけでなく骨そのものの健康にも貢献しています。体全体の健康を保つ栄養素と考えておきましょう。
また、コンドロイチンは、健康食品だけでなく化粧品や目薬にも使われています。
特に、女性の方だとお肌の保湿にも効果的です。全身を若々しく保つのに必要な栄養素となっています。

12