ジャンパー膝の原因と症状

ジャンパー膝の症状は? 原因や改善方法、予防のポイントを徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ジャンパー膝とは聞きなれない名前ですが、趣味や仕事でスポーツをよく行う方に発症しやすい膝の疾患です。特に、ランニングやジャンプなど膝の曲げ伸ばしをよく行うスポーツをする方に発症しやすいので、この名前がつきました。ひどくなると膝を動かすたびに激しい痛みを覚えます。そこで今回は、ジャンパー膝の症状や原因・治療方法などをご紹介しましょう。

  1. ジャンパー膝ってどんな疾患?
  2. ジャンパー膝の原因とは?
  3. ジャンパー膝の症状
  4. ジャンパー膝かなと思ったら?
  5. ジャンパー膝を予防する方法
  6. よくある質問

痛みを我慢してスポーツを続けていると、やがて膝蓋靱帯(しがいじんたい)が断裂する恐れがあります。バスケットボールやバレーボール・サッカー・マラソンなど足をよく使うスポーツを行っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.ジャンパー膝ってどんな疾患?

ジャンパー膝は、正式な名称を膝蓋靱帯炎症(しつがいじんたいえんしょう)と言います。膝蓋靱帯とは膝蓋骨というお皿のような骨を固定する役割を担っている靭帯です。この靭帯を酷使しすぎると炎症を起こし、症状がひどくなると切れてしまいます。膝蓋靱帯は膝を曲げ伸ばしするときに使われるので、走ったりジャンプしたりすることの多いスポーツほど発症のリスクが高まるのです。そのため、ジャンパー膝という通称がついています。