膝のロッキング現象

膝のロッキング現象とは?原因や改善・予防方法を紹介!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

激しい痛みとともに急に膝が動かなくなる現象を「ロッキング」といいます。初めて経験した方は、驚きと痛みでパニックになってしまうことも少なくないでしょう。しかし、ロッキングは決して珍しくない膝トラブルなのです。

そこで、今回は膝のロッキング現象が起こる原因と、対策方法をご紹介します。また、急にロッキングが起こった場合の対処法もご説明しましょう。ロッキングはすべての年代の人に発症する可能性がある膝の故障です。この記事をお読みいただいて正しい対処法を知り、いざというときに備えてください。

  1. 膝のロッキング現象とは?
  2. 半月板の損傷はなぜ起こる?
  3. 膝のロッキング現象の改善方法は?
  4. ロッキング現象のケアや予防の方法は?
  5. よくある質問
  6. おわりに

1.膝のロッキング現象とは?

始めに、膝のロッキング現象はどのようなものかということをご説明します。「激しいスポーツをしている人が起こしやすい膝の故障」というイメージを持っている方もいますが、必ずしもスポーツをしている人だけが発症するわけではありません。

1-1.膝のロッキング現象とはどういうもの?

膝のロッキング現象とは、突然激しい痛みが起こった後に膝が動かなくなってしまう現象です。普段はあまり意識していませんが、膝の関節が動かないと人間は歩けなくなります。ためしに、誰かに膝を強く抑えてもらって歩いてみてください。
足を動かすことすら大変だと思います。何の前触れもなく痛みがはしって膝が動かなくなれば、慌ててしまう方も多いでしょう。

1-2.ロッキング現象の原因とは?

膝のロッキング現象は、半月板の損傷が原因で起こります。半月板とは膝にある太い三日月型をした、軟骨組織です。この軟骨組織は、膝関節をスムーズに動かすクッションの役割を担(にな)っているだけでなく、膝にかかる衝撃を吸収してくれます。高いところから飛び降りたり、ジャンプしたりすると膝がジーンとしびれることがあるでしょう。それは、地面から受けた衝撃を半月板が吸収しているからです。

また、軟骨はその名のとおり柔らかい骨なので柔軟性があります。しかし、強い衝撃を受けたり負荷をかけたりすると、砕けてしまうのです。この損傷した半月板が膝の関節に挟まると、膝が動かなくなります。蝶番(ちょうつがい)に異物が挟まって動かなくなるのと同じ原理です。

1-3.起こりやすい人

膝のロッキング減少は高齢者や激しいスポーツを日常的に行っている人に発症しやすいでしょう。すべての年代で発症する危険性はありますが、特に60代以上や、部活等で激しいスポーツを行いがちな10代~20代前半に発症しやすい傾向があります。

1-4.膝のロッキング現象が起こったら?

膝のロッキング現象は、膝に強い衝撃や負担がかかれば発生する可能性があります。ですから、性別や年齢を問わずに起こるのです。いきなり痛みとともに膝が動かなくなったら慌ててしまうでしょう。しかし、そのまま膝が動かないまま、ということはありません。落ち着いてゆっくりと曲がる方向へ膝を動かしてみてください。半月板は、膝の関節に挟まっているだけなので、何度か動かすと外れてくれるでしょう。

そのまま病院へ行ってください。痛みがひどい場合は救急車を呼んでも構いません。かかりつけの整形外科がある場合は、タクシーなどを使っていきましょう。無理に歩こうとすると、痛みがひどくなることがあります。