膝の痛みに効く湿布の貼り方

膝の痛みに効く湿布の貼り方は? 効果的に活用するための基礎知識

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

体に痛みを感じたとき、湿布を貼って痛みを和らげようという方は多いでしょう。しかし、湿布は手軽にしようできる反面、使い方によっては効果が無いどころか、逆効果になることもあります。そのため、しっかりとした知識を知り、適切に使用する必要があるのです。特に、膝は歩く上で1番重要な部分。湿布の貼り方がとても重要でしょう。

そこで今回は、湿布の基礎知識を中心に、膝への湿布の貼り方についてご紹介します。

  1. 湿布の基礎知識
  2. 温湿布・冷湿布の使い分け
  3. 湿布の貼り方を覚えよう
  4. 湿布を使う際の注意点

1.湿布の基礎知識

湿布には暖かい『温湿布』と冷たい『冷湿布』とがあります。膝が痛いからといって適当な湿布を貼ると逆効果になる危険性があるので注意しなければいけません。

そこで、この項目では『温湿布』と『冷湿布』の違いについてご紹介します。

1-1.湿布とは?

湿布とはその名のとおり一定の水分を含んだ布のことを指します。ですので、広義では濡(ぬ)れたタオルを貼っても湿布ですし、食べ物を乾かさないように貼る濡(ぬ)れ布巾なども湿布です。医薬品としての効能を持つものだけが湿布ではありません。

とはいえ、一般的には薬液が塗布されたものを指し、大きく分けて『温湿布』と『冷湿布』に分かれます。

1-2.温湿布について

唐辛子でおなじみのカプサイシンや、ノエル酸ワニリルアミドが含まれており、皮膚温が上昇し血行が改善する効果があります。肩こりや神経痛などの慢性的な痛みに効果的です。

筋肉痛などの急性疾患に使うと逆効果となることがありますので、使用の際には十分に気をつけましょう。

1-3.冷湿布について

冷湿布は主に炎症を抑えたり痛みを和らげたりするために使います。そのほか、筋肉痛などのような急性の痛みに対しても使われるのが基本です。薬品にはカンフルやメントール、ハッカ油などが使用されており、皮膚の冷感点を刺激して冷たさを感じます。

ヘルニアなどの慢性腰痛に使うと症状を悪化させることがあるため、使用の際には医師に相談をすることが大切です。

1-4.パップ剤とプラスター剤の違いについて

湿布は大きく分けて『温湿布』と『冷湿布』に分かれるといいましたが、実はもっと大きなくくりで見るとさらに2つに分けることができます。すなわち、『パップ剤』と『プラスター剤』です。

普段我々が湿布と呼ぶ温湿布や冷湿布はどちらもパップ剤と呼ばれるもので、薬剤部分に水分を多く含んだ作りをしています。肌への刺激は弱く、厚みがあるためにはがれやすいのが特徴です。

一方のプラスター剤というのは硬膏(こうこう)と呼ばれるもので、水分が含まれていません。薄く粘着力があり、一般的には茶色い色をしています。主に慢性的な痛みに対して使われるようです。よく柔道選手を代表としたスポーツ選手が肩などに貼っていることが多いので、皆さんも1度は目にしたことがあるでしょう。

12