便秘による腹痛のメカニズム

便秘による腹痛のメカニズムは? 解消・予防方法を解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘気味になると腹痛を伴うことがあります。腹痛は冷や汗が出るほど痛むこともあるのです。そのため、原因を知っておかないと重大な病気になることもあります。
この記事では、便秘による腹痛とその解消方法をまとめました。

目次

  1. 便秘で腹痛になる理由
  2. 便秘による腹痛の解消法
  3. 腹痛時にしてみたいマッサージ
  4. 普段からできる便秘解消法
  5. まとめ

1.便秘で腹痛になる理由

便秘による腹痛は、原因によって痛みもさまざま。その特徴をしっかり押さえておきましょう。

1-1.腹が張るような痛み

腹が常に張っていて場合によっては吐き気を伴う。そのような痛みは、腸内に詰まっている便やガスが原因です。一般的な便秘による腹痛となります。
腹が張る場合は、便が出ると痛みも無くなることが多いです。便の排出を促すため水分・食物繊維を多く取りましょう。また、生活習慣の改善も必要です。
便秘で悩む人の中には、食事を多く取る人もいますが控えましょう。どれだけ食べても水分が摂取できません。

1-2.激しい痛みと血便

激しい痛みがある場合、腸の中にガンが発生している可能性があります。また、ひどい場合は血の混じった便が出てくるので注意しましょう。
血便だけ見ると痔(じ)と勘違いする人が多いです。しかし、原因は腸内にできたガンで便が詰まっているため。血便が出た場合は、早めに胃腸科を受診しましょう。

1-3.ズキズキする痛み

腹がズキズキと痛んで冷や汗が出る。また、下痢(げり)や吐き気を伴う場合は、腸がねじれています。
腸は、もともとねじれているもの。便秘に「なる・ならない」の違いは、運動量の違いとなります。また、入浴など外部から刺激を受けることで排便が促すことができるのを知っておきましょう。
便秘気味の方は、体を動かす習慣を付けることを意識します。

12