腹式呼吸のやり方

便秘で悩んでいる人は必見!腹式呼吸のやり方をマスターして便秘を解消しよう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘」は、体がだるくなってしまいます。
長く続けば続くほど、体に大きな負荷を与えるでしょう。
便秘を解消するために、さまざまなことを実践している人もいます。
しかし、便秘は「呼吸」で解消できることを知っているでしょうか。
「呼吸だけで解消できるわけない」と、思う人が多いです。
けれども、腹式呼吸によって便秘を解消した人もいます。
そこで、腹式呼吸による便秘解消効果や複式呼吸のやり方、注意点について説明しましょう。
便秘で悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 腹式呼吸による便秘解消効果
  2. 腹式呼吸のやり方
  3. 腹式呼吸の注意点
  4. まとめ

1.腹式呼吸による便秘解消効果

なぜ、腹式呼吸が便秘解消につながるのでしょうか。
呼吸と便秘の関係性について詳しく説明します。
便秘で悩んでいる人、腹式呼吸について気になっている人は、要チェックです。

1-1.そもそも「腹式呼吸」って何?

名前は聞いたことがあるけれど、「腹式呼吸」について詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。
腹式呼吸は、私たちが普通にしている呼吸とまったく別ものです。
私たちが毎日している呼吸は、「胸式呼吸」と呼ばれるものになります。
胸式呼吸は、名前のとおり、胸で呼吸をすることです。
一方、「腹式呼吸」は、おなかを使って呼吸する方法になります。
腹式呼吸は、お腹の中にいっぱい息を吸い込み、おなかを収縮しながら息を吐き出すことですね。胸のあたりが大きく膨らんでいる場合は「胸式呼吸」、おなかが膨らんでいる場合は「腹式呼吸」と考えましょう。

1-2.腸内への刺激、便を排出する運動が活発化する

腹式呼吸をすると、腸内がほどよく刺激できます。
腸内への刺激によって、便を排出するための力が活性化するのです。
便秘になっているほとんどの人は、ぜん動運動が弱まっています。
ぜん動運動とは、臓器の収縮運動です。腸全体が収縮を繰り返すことによって、便はスムーズに排出します。
しかし、ぜん動運動が弱まってしまうと、便を押し出す力がなくなるのです。
便秘を解消するためには、ぜん動運動を活性化しなければなりません。
そこで、「腹式呼吸」が大いに役立ちます。
腹式呼吸をすると、横隔膜(おうかくまく)や腹黄筋(ふくおうきん)の筋肉が収縮するでしょう。
筋肉の収縮によって、腸内が刺激を受けるのです。そして、ぜん動運動が活発化します。

1-3.自律神経を整える「リラックス効果」

腹式呼吸のすごいところは、自律神経を整える力です。
便秘の原因は人によってさまざまですが、最近は、過剰なストレスによる便秘が増えてきています。
ストレスを上手に解消していかなければ、便秘は解消できません。
そこで、腹式呼吸をやってみてください。腹式呼吸は、副交感神経を活発化します。
自律神経は、「交感神経」と「副交換神経」の2つで成り立っているものです。
ストレスを受けているときは交感神経が活性化しており、体が緊張状態になっています。
しかし、副交換神経が活発化しているときは、リラックス状態にあるのです。
リラックスできれば、ストレスからくる便秘をやわらげるでしょう。
腹式呼吸は、自律神経を整える効果もあると覚えておいてくださいね。

12