便の形状と健康の関係とは?

便の形状と健康の関係とは? 理想の便の形状はどんなもの?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

尿や便は、私たちの健康状態を教えてくれるバロメーターでもあります。
特に、便は出なければ便秘、出過ぎれば下痢と体調不良の指標になりやすいです。
でも、健康な便とはどういう状態か?と聞かれてもあやふやな方が多いのではないでしょうか?
そこで今回は、便の形状と健康との関係についてご説明します。
尿や便は、通常ならばすぐに流してしまうもの。
しかし、体調に気になるところがあるのなら、形状を確認してみましょう。
最近、便秘や下痢気味であるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 便は健康状態の鏡?
  2. 便の形状と健康との関係
  3. 胃腸の状態をできるだけよくするには?
  4. おわりに

1.便は健康状態の鏡?

人間に限らず、動物は食事をすれば排せつをします。
便や尿は体の中にある老廃物や不要な水分などからできており、それらを速やかに体外に排出することによって健康をたもっているのです。
ペットを飼ったことがある方なら分かると思いますが、動物は病気にならない限り規則正しく排せつします。
人間も、健康な方なら尿は毎日出るでしょう。
でも、便はどうですか?
毎日規則正しく便が出る、という方は年齢が上がるほど少なくなると思います。
もちろん、毎日便が出ないからといって不健康であるとは限りません。
しかし、何日も便が出ずに苦しい思いをしたり、下痢が続いたりしてつらいという場合は胃腸が正常に働いていない証拠でもあります。
また、便が出ても色や形によっては病気の可能性が高いこともあるでしょう。
つまり、便や尿は健康の鏡なのです。
ですから、健康診断では必ず尿や便の検査があります。

12