高齢者の便秘の原因

高齢者になると便秘になりやすくなる?その原因と解消法は?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を取るにしたがって便秘がちになった、という方は意外と多いのです。
若いときは便秘知らずだったという人も、油断はできません。
では、なぜ高齢者は便秘になりやすいのでしょうか?
そこで、今回は高齢者が便秘になりやすい原因や解消法をご紹介します。
便秘は多くの人が悩んでいる体の不調です。
ですから、解消方もたくさんあります。
しかし、高齢者が便秘を解消するには、注意が必要なのです。
年を取ってからどうも便秘がちになったという方は、この記事を読んで解決のヒントをつかんでくださいね。

目次

  1. 高齢者が便秘になりやすい原因とは?
  2. 高齢者が便秘になるリスクとは?
  3. 高齢者の便秘を予防したり解消したりする方法とは?
  4. おわりに

1.高齢者が便秘になりやすい原因とは?

この項では、高齢者が便秘になりやすい原因をご紹介します。
いったいどんな原因はあるのでしょうか?

1-1.筋力の低下

年を取ると、筋力は低下していきます。
特に、運動の習慣がない人ほど筋肉は落ちやすいでしょう。
もちろん、腸を支える腹筋も少なくなっていきます。
筋力が低下すれば、下腹がぽっこりと出て便秘にもなりやすくなるのです。

1-2.食生活の変化

年を取ると、胃腸もだんだんと弱ってきます。
若いときより食事量が少なくなった、という方も多いでしょう。
食事量が少なくなれば便の量も少なくなります。
便意が起こるには、ある程度便の量が必要なのです。
ダイエットで食事制限をしているときも、便秘になることがありますね。
つまり、ある程度量を食べないと便秘になりやすいのです。
また、水分不足も便秘の原因になります。
年を取るとのどの渇きを感じにくくなるため、水分摂取量が減りがちになるのです。
水分を取らなければ、便も硬くなって出にくくなるでしょう。
また、高齢者の中には「トイレが近くなるから」と意識して水分を控える人もいます。
しかし、水分を控えすぎても健康に悪影響が出るのです。

1-3.飲んでいる薬の影響

年を取ると、薬を常用する人が増えます。
何も薬を服用していない、という高齢者は少ないでしょう。
薬によっては副作用で便秘になるものもあります。
薬の注意書きに、そのことが書いてあるものもあるでしょう。
薬の副作用による便秘は、薬を飲み続ける限り改善が難しいのです。

12