一人暮らしが陥りやすい野菜不足の怖さとは?野菜の摂り方おすすめ5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしだとなかなか栄養バランスのよい食事を摂ることは難しいでしょう。
仕事で疲れて帰ってきて自分で手の込んだ料理を作る気にはなれませんよね。
しかし、外食やコンビニのお惣菜(そうざい)が続くと、野菜不足が心配になってくるでしょう。
野菜不足は、体にさまざまな悪影響を与えます。

  • 一人暮らしなので食生活が偏っている
  • 一人暮らしでも簡単にできる野菜の摂り方を知りたい
  • 野菜不足が続くとどうなるのか?

そんな人たちのために、一人暮らしでの野菜の摂り方や野菜不足が健康に与える影響についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 一人暮らしでの野菜の摂り方
  2. 野菜不足が健康に与える影響
  3. まとめ

1.一人暮らしでの野菜の摂り方

一人暮らしだとなかなか摂れないのが野菜です。
しかし、栄養バランスのよい食生活に野菜は必要不可欠。
一人暮らしでも簡単にできる野菜の摂り方をご紹介します。

1-1.野菜ジュースを飲む

野菜を摂ろうと思っても、なかなか自分で買いに行く時間もない、料理するのも面倒…という人におすすめなのが野菜ジュース。
コンビニに売っている野菜ジュースを1パック飲むだけで、簡単に野菜成分を摂ることができます。
「野菜ジュースでは栄養が摂れない」という考え方もありますが、生の野菜と比較すれば当然のこと。
数種類の野菜が入った100%野菜ジュースなら、飲まないより飲んだ方が体によいでしょう。
ただし、甘くて飲みやすい野菜ジュースは糖分が多いため、飲みすぎに注意しなければなりません。
1日1パックを目安にしましょう。

1-2.お昼ご飯にコンビニサラダをプラス

1日に必要な野菜摂取量は350g以上と言われています。
夕食でまとめてたくさんの野菜を摂るよりも、お昼ご飯に少しでも野菜を食べておく方が効率的でしょう。
コンビニやスーパーでお昼ご飯を買う人は、サラダをプラスしてみてください。
さまざまな種類の緑黄色野菜が入ったものを選ぶことで、栄養の偏りを防ぐことができるでしょう。

1-3.野菜を大量に購入してとりあえずカット

一人暮らしにありがちなのが「買っても食べきれず腐ってしまう」という問題。
そのため、野菜を買うこともためらってしまいがちです。
大量に購入した野菜は、冷蔵庫にしまう前にある程度の大きさにカットしてしまいましょう。
そうすることで、料理の手間が省けます。
毎回切る必要がなくなるため、料理を面倒に感じにくくなるでしょう。
1週間以内に使い切れない可能性があるときは、冷凍保存もおすすめです。
1~2か月は持つため、必要なときに使えて便利でしょう。

1-4.みそ汁で1度に野菜を摂取

特に男性は、「料理ができないので自宅で野菜を摂れない」という人が多いでしょう。
料理が苦手な人におすすめなのがみそ汁です。
さまざまな種類の野菜を1度にたくさん食べることができるため、大変おすすめ。
野菜を切るのが面倒なら、コンビニやスーパーで売っているカット野菜を利用しましょう。

1-5.サプリメントや健康食品で摂取

「買い物に行く時間がない」「料理ができない」「面倒」という人は、サプリメントや健康食品で野菜成分を摂取する方法もあります。
もちろん、本物の野菜を食べることが一番ですが、忙しい時期だけでも頼ってみてはいかがでしょうか。
マルチビタミンや野菜酵素系のサプリメントをぜひ探してみてください。
健康食品で人気が高いのは、青汁やグリーンスムージーです。
簡単に栄養を摂ることができますよ。

2.野菜不足が健康に与える影響

では、野菜不足になると私たちの健康にどのような影響を与えるのでしょうか。
その内容を知ることで、明日からもっと野菜を摂ろうという気持ちになれるはずです。

2-1.成人病の発症リスクが高まる

野菜には、私たち人間が生きていく上で必要な栄養素が豊富に含まれています。
常に野菜不足の状態が続くことで、成人病の発症リスクが高くなるのです。
野菜を食べないということは、肉類や油物が食事の中心になりがち。
塩分の摂り過ぎが原因で高血圧になり、結果的に糖尿病などを引き起こしてしまうでしょう。
また、ビタミンが不足することで脳卒中のリスクが増加します。
このほかにも、野菜不足が原因と考えられる健康被害はたくさんあるのです。

2-2.免疫力の低下

野菜の中には、免疫力を高める成分も含まれています。
野菜不足に陥ることで免疫力が低下し、風邪を引きやすくなる人は多いでしょう。
「冬になると毎年インフルエンザになる」という人は、食生活を見直してみる必要があります。
免疫力向上に効果的な野菜には、小松菜や長いもがあるでしょう。
鉄分やカルシウムも含まれているため、骨も強くなります。
また、免疫力の低下は動脈硬化や高血圧にもつながるということを覚えておいてください。

2-3.便秘や肌荒れ

野菜不足が便秘の原因になることは有名な話です。
腸内環境をよくするためには、野菜に含まれる食物繊維をバランスよく摂ることが大切でしょう。
便秘が悪化すると肌荒れや肩こりといったさまざまな体の不調が現れます。
腸内環境が悪くなることで、太りやすく痩せにくい体になってしまう可能性もあるのです。
ゴボウやオクラ、さつまいもなどを中心に、積極的に野菜を摂ることが望ましいでしょう。
また、野菜不足は肌荒れの原因にもなります。
ビタミンが不足することで、ニキビや吹き出物ができやすくなるでしょう。

2-4.イライラやうつ

野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
このような成分が不足することで、イライラしたり思考力が低下したりすることもあるでしょう。
ひどい場合だと「うつ」の症状につながることも。
心の健康を保つためには、まず体が健康になる必要があります。
野菜不足を解消して、心身ともに健康的な毎日を送りたいものですよね。

3.まとめ

一人暮らしでの野菜の摂り方についてご紹介しました。

  • 一人暮らしでの野菜の摂り方
  • 野菜不足が健康に与える影響

「一人暮らしなので野菜不足が気になる」「一人暮らしにおすすめな野菜の摂り方を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加