便意を抑える方法

急な便意にツボを押せ! 便意を抑える方法とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

通学・通勤中の電車やバスの中で、あるいは大事な会議中に襲ってくる便意。突然やってきた便意に苦しみつつ、それでもトイレに行けないという状況は珍しくないでしょう。

そんなとき、便意を止められる方法を知っておけば、その苦しみを味あわなくてすむとは思いませんか?

そこで、今回は便意を抑える方法について中心にご紹介します。

目次

  1. 便意の原因
  2. ツボで便意を抑える
  3. 便意で困らないための習慣とは?

1.便意の原因

1-1.過敏性腸症候群

何の前触れもなく強烈な便意を感じることがあれば、それは多くの場合『過敏性腸症候群』と呼ばれる病気です。実はこの過敏性腸症候群に悩んでいる人は多く、アスリートにも多いといわれています。

アスリートに多い理由は、この過敏性腸症候群を引き起こす原因の一つがストレスやプレッシャーだからです。つまり、仕事がうまくいかなくてプレッシャーを感じていたり、上司の説教などでストレスを感じていたりするときに急な便意を感じるようなら、それは9割方過敏性腸症候群でしょう。

過敏性腸症候群は、放っておいても死ぬような症状ではありません。しかし、なるべくなら発生しないに限りますよね。しっかりと対策をしましょう。

1-2.直腸がん

あまり多いわけではありませんが、直腸がんが原因で便意を感じている可能性があります。一番怖いのは、下痢を繰り返して完全に便が出尽くしているのにもかかわらず、なおも強い便意を感じる場合。この場合は直腸がんの可能性が非常に高いのです。

そのほかにも、おなかがいつも張っている感覚や、切れ痔(じ)のような出血が有名な症状としてあげられます。

直腸がんは死亡率こそ高くありませんが、発見が遅れると人工肛門(こうもん)を余儀なくされる恐ろしい病気です。また、がんですから転移をしますので、放置していればやがて必ず死に至ります。

下痢を繰り返して便が出きっているのに便意を感じ、普段からおなかが張っていて、出血もしている。そんな方は必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

1-3.ウィルス性胃腸炎

ウィルス性胃腸炎によって便意を感じている可能性もあります。ウィルス性胃腸炎の特徴は下痢を伴う便意と嘔吐(おうと)、発熱などがあるので、簡単に判別がつくでしょう。

ウィルス性胃腸炎の場合は市販薬などを使っても簡単には直りません。医師の診断を受けてくださいね。

1-4.食べ過ぎや飲み過ぎ

11月に入り、そろそろ年末年始の飲み会などで暴飲暴食しやすくなる季節ですね。暴飲暴食をすると、おなかの調子が悪くなると思います。これは許容以上の量を摂取したため消化不良を起こしているわけです。つまり、下痢。

下痢となると耐えられないほどの便意が襲うことも珍しくはありません。暴飲暴食には注意しましょう。

特にアルコールを大量に摂取すると血管や筋肉が緩みます。肛門(こうもん)周りの筋肉も弱まるため、便意を感じやすくなるでしょう。

12