血糖値が気になる方必見の便秘解消法

便秘が原因で糖尿病になる? 血糖値が気になる方必見の便秘解消法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

糖尿病と便秘には深い関係性があるのをご存じでしょうか? 実は、糖尿病が原因で便秘になることもあれば、便秘が原因となって糖尿病を引き起こすこともあるのです。

今回は糖尿病と便秘の関係性について中心にご紹介していきたいと思います。便秘改善に役立つ食品についてもご紹介しますので、ぜひ最後までおつきあいくださいね。

  1. 糖尿病と便秘の関連性とは?
  2. 便秘が糖尿病を引き起こすことも!?
  3. 実践すべき便秘の改善法!
  4. 今日から取り入れたい便秘改善食品!

1.糖尿病と便秘の関連性とは?

糖尿病になると便秘や下痢を引き起こしやすいといわれています。食べ過ぎたわけでもないのに下痢になっていたり、便通がよかったはずなのに突然便秘になったりした場合には糖尿病を疑わなければいけません。

1-1.キーワードは『神経』

糖尿病のサインである便秘や下痢。では、なぜ糖尿病になると便秘や下痢を引き起こしやすくなるのでしょうか。

それは、糖尿病の合併症である『糖尿病性神経障害』が原因。糖尿病性神経障害は糖尿病の『3大合併症』と呼ばれ、その中でも特に症状が早く現れる病気です。

そして、糖尿病性神経障害は自律神経に大きな障害を引き起こします。

1-2.自律神経と便秘・下痢の関係性

自律神経は心臓・肺・胃・腸・膀胱(ぼうこう)・子宮・血管・汗腺などといった体中の様々な部分を支配する神経です。ひいては、呼吸・消化・分泌・代謝・体温調節などといった、無意識に行われている機能を支配しているといっても過言ではありません。

ですから、自律神経に障害が出ると胃や腸の消化機能に異常が発生し、消化が非常に早くなったり遅くなったりとバランスが崩れてしまいます。結果として、下痢や便秘といった症状として出てくるというわけです。

ただし、突然便秘や下痢になったからといって、必ずしも糖尿病だとはいえませんので過度に悲観する必要はありません。自律神経というのは非常にデリケートで、ストレスや寝不足などでも容易にバランスを崩してしまうからです。また、単純に早食いなどの消化不良が原因ということもあります。

まずは生活習慣を規則正しいものにして、食事もゆっくりと適切な量をとるように心がけてみてください。それでも、便秘や下痢が改善しない場合は、病院に行くようにしましょう。

12