下痢の原因やメカニズム

下痢の原因やメカニズムとは?食生活や生活習慣に気をつけましょう。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

下痢は、決して珍しい体の不調ではありません。
「生まれてから1度も下痢になったことがない」という人の方が少ないでしょう。
しかし、下痢が続くと体力や気力が確実に失われていきます。
そこで、今回は下痢が起こる原因やメカニズムをご紹介しましょう。
体質によって、下痢をしやすい人やしにくい人もいます。
しかし、食べ物や生活習慣、さらにストレスの有無によっても下痢をしやすくなるのです。
最近よく下痢をするようになったという方は、この記事を読んで生活習慣を見直してみてください。

目次

  1. 下痢が起こるメカニズムとは?
  2. 下痢が起こる原因とは?
  3. 下痢を防ぐ方法とは?
  4. 下痢止めの使い方に気をつける
  5. おわりに

1.下痢が起こるメカニズムとは?

私たちが食べ物を食べると胃で消化されて腸へと運ばれ、水分と栄養分を吸収されます。
人の腸は7メートル~9メートルほどあり、12時間ほどかけて食べ物は消化されて残ったものが便として排出されるのです。
健康な便は適度に水分が抜けて固くなっており、便意が起これば自然に排出できるようになっています。
下痢とは、何らかの原因で腸の動きが活発になりすぎて、食べ物が早く排出されてしまう現象です。
本来、腸はぜん動というゆっくりとした動きによって、食べ物を直腸へ向かって押し出していきます。
その途中で水分と栄養分が吸収されるのですが、腸の動きが活発になりすぎると栄養も水分も十分に吸収されません。
ですから、水分の多い便になるのですね。
また、下痢が止まらないと消化するまでに時間がかかるキノコやこんにゃくなどの繊維質の食べ物は、そのまま出てくることもあります。

12