便を柔らかくする3つの方法

「硬くてトイレのたびに痛い…」を解消!便を柔らかくする3つの方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が長引くと便は硬くなってしまいます。
便が硬くなるため、さらに便秘は悪化してしまうのです。
排便のたびに痛みを感じることになるでしょう。
もちろん、便が硬いからと言って必ずしも「便秘」というわけではありません。
しかし、何かしらの要因で腸内環境が悪くなっているのは確かです。

  • 便が硬くて困っている
  • 便を柔らかくする方法を知りたい
  • 便が硬いままだとどうなるのか?

そんな人たちのために、便を柔らかくする方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 便が硬くなる原因
  2. 便を柔らかくする方法
  3. 腸内環境をよくするメリット
  4. まとめ

1.便が硬くなる原因

まずは、便が硬くなる原因についてご紹介します。
毎日の生活習慣が便を硬くしてしまっている可能性もあるのです。

1-1.水分の摂取不足

よい便には80%の水分が含まれていると言われています。
排便時に痛みを感じることもないでしょう。
便が硬くなり、水分量が60%以下に落ちると、排便の際に痛みを感じるようになります。
硬い便は水分がなく、黒っぽくなっているのが特徴です。
悪玉菌の量も通常より多くなっているでしょう。
便が硬くなる理由は、体の水分が不足していることにも関係しています。
便に含まれる水分を体が吸収してしまうために起こるのです。

1-2.運動不足

運動不足も便が硬くなる原因の1つです。
排便時には、腹筋の力が必要になります。
運動不足によってこの力が低下していると、便を腸から肛門(こうもん)に押し出すのが困難になるのです。
その結果、自然と腸に便がたまる時間が長くなります。
そして、必要以上に便が硬くなってしまうのです。

1-3.不溶性食物繊維のとりすぎ

「便を柔らかくするためには食物繊維をとればよい」と思っている人は多いでしょう。
しかし、逆効果になることもあるということをご存じでしたか?
野菜や根菜類に含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維です。
この食物繊維からは、ガスが発生します。
大腸の働きが低下しているときに不溶性食物繊維を大量にとると、腸にたまる便の量が増え、症状が悪化してしまうのです。

1-4.腸の動きが悪くなっている

便の硬さを最終的に決めるのは、便が腸を通過するスピードです。
口から食べたものは、腸で水分を吸収されて硬くなっていきます。
つまり、腸でどれだけの水分が吸収されるかで、便の硬さが決まるのです。
腸を通過するのに時間がかかりすぎると便は硬くなります。
時間がかかりすぎる原因は、腸の動きが悪くなっていることにあるでしょう。
その理由は、腸内の善玉菌が少なくなってしまっていることに関係しています。

12