発酵食品で腸内環境を整える

発酵食品で腸内環境を整え便秘を解消するためのポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

忙しく便秘がちになってくると、ついつい薬に頼りがちです。
しかし、便秘薬に頼り過ぎるのは身体にとっては良くありません。
便秘に効く食べ物を摂取して、腸内環境から整えた方が断然健康的ですよね。
そこで今回は、腸内環境を整える食品として注目されている発酵食品について紹介します。
この記事を読むことで、忙しいあなたも時間や手間をかけることなく、腸を整える食品を見つけることができるでしょう。

目次

  1. 便秘の症状
  2. 便秘の原因
  3. 便秘に発酵食品がよいと言われる理由
  4. 便秘に効果的な発酵食品の摂り方

1.便秘の症状について

便秘とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
正常な状態と便秘の状態を比較してみましょう。

1-1.正常な排便

まず、正常な排便はどのようなものか見ていきましょう。

  • 1日1回スムーズな排便があり、排便後スッキリ感がある。
  • 毎日排便はないが、便がすんなりと出て、排便後スッキリ感がある。
  • 便の水分量が70~80%位で、練り歯磨きのような半練り状かバナナ状をしています。
  • 色は茶系か緑色系、量はバナナ1~2本分が毎日排泄されるのが理想的です。

便の状態で病気の兆候などが判断できるので、毎日便の様子をチェックし、異変がないか確認することも大切です。

1-2.便秘とは?

  • 排便の無い期間が3日以上、または週に3日以下しかない
  • 排便の困難さ
  • 残便感
  • 口からの便臭

便秘になるとこのような症状が現れます。
「毎日便が出なければならない」と考える人もいますが、排便感覚は環境や体質によりマチマチです。
日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。
他の症状として、腹痛・吐き気・直腸残便感・腹部膨満感・下腹部痛・食欲不振・めまいなどの他、肩や背中に痛みが出ることもあるようです。

12