膝の痛みを緩和する方法

膝の痛みを緩和する方法や負荷のかからない運動・階段の注意点について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

肥満体型の人にとって悩みの種となるのが「膝痛」です。
体重のすべてが膝に負荷をかけています。
そのため、できるだけ肥満体型を改善しなければならないでしょう。
膝痛と体重の関係や膝にかかる負荷の大きさ、階段をのぼりおりする際の注意点、膝への負担が少ない運動について説明します。
肥満体型で悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 膝痛と体重の関係
  2. 階段をのぼりおりする際の注意点
  3. 膝への負担が少ない運動
  4. まとめ

1.膝痛と体重の関係

膝の痛みが発生する原因は「肥満体型」にもあります。
膝痛は体重と密接に関係しているのです。
膝痛が長く続けば続くほど生活に支障が出てしまいます。
できるだけ早く治すためにも体重との関係を把握してください。

1‐1.肥満体型は膝痛に大きく関係している

膝痛の原因は人によってさまざまですが、主な原因は「肥満」にあります。
余計な脂肪がたくさんついているため、体脂肪がすべて膝に負荷をかけているのです。日常生活で大きな負荷がかかっていることを知らなければなりません。
たとえば、歩いているとき体重以上の負荷がかかっています。
なんと体重の3倍以上も負荷がかかっているのです。
階段ののぼりおりにおいては体重の7倍、走っているときは体重の10倍にもなります。つまり、体重が増えるほど負荷も大きくなるのです。
膝に体重以上の負荷がかかっていることをしっかり把握してくださいね。
膝痛を治すには肥満体型を改善しなければなりません。

1‐2.1日のカロリー摂取・消費を考える

膝痛と体重の関係についてわかったでしょう。
そこで、ぜひ注意してもらいたいのが1日の摂取カロリーです。
肥満体型になっている人ほど1日の摂取カロリーが平均よりも非常に多いでしょう。
1日の摂取カロリーはできるだけ平均以内に収めなければなりません。
肥満体型を改善するためにも「腹八分目」にしてください。食べ過ぎはNGですよ。
揚げものや甘いもの、コンビニ弁当、レトルト食品、ファストフードはできるだけ控えることが大切なポイントになります。
また、高カロリーのものをどうしても食べたいときは野菜を先に食べてください。
野菜を食べることでおなかをある程度膨らみます。
野菜には食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富です。
そして、高カロリーの吸収を抑えてくれます。
ぜひ1日のカロリーを計算してみてくださいね。

1‐3.ごはんはゆっくり食べる

膝痛と体重の関係は「カロリー」にも大きく影響していますが、食べ方にも問題があります。
あなたはごはんを食べるスピードが速くなっていませんか?
ごはんを食べるスピードが速いと食べ物がスムーズに消化できないでしょう。
消化が悪くなると太りやすくなってしまうのです。
肥満体質になっている人ほどごはんの食べ方がとても早くなっています。
肥満体型を改善するためにも食べ方をできるだけゆっくりにしてくださいね。
また、血糖値が急上昇すると同時に満腹感も得ることができません。余計に体重が増え、膝痛を起こしてしまうでしょう。
膝痛から解放するためにもごはんの食べ方に注意してください。

12