膝痛の原因・改善方法

【保存版】膝の痛みでお悩みの方必見! 膝痛の原因・改善方法を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝の痛みでお悩みではありませんか? 膝の痛みは、行動範囲が制限範囲が限られてしまったり、動くこと自体が億劫になってしまったりとさまざまな弊害をもたらします。

そこで今回は、膝の痛みで悩んでいる方やなんとかして治したいと思っている方のために、効果的な改善方法をご紹介します。自分で手軽にできるタイプのものもあるので、ぜひ参考にして膝の痛みを解決していきましょう。

  1. 膝の痛みの原因と症状を確認しよう!
  2. 膝痛のチェック方法を確認しよう
  3. 膝痛の治療方法を学ぼう
  4. 自分でできる膝痛予防法を伝授!
  5. 膝痛のために気を付けたい生活習慣について
  6. 膝の痛みについてよくある質問に回答!
  7. 膝痛についてのお役立ち情報を紹介!

膝痛を治すためには、膝痛の原因を正しく知って改善する努力が必要です。今回の記事には、根本から膝痛を治すために必要なことをまとめてあります。繰り返し読んで、学んでくださいね。


1.膝の痛みの原因と症状を確認しよう!

まずは、膝の痛みの原因と症状をひとつずつ確認していきましょう。膝の痛みの原因は、人によって違います。どんな原因で膝が痛むのか、またどんな症状があるのかなどをしっかり学びましょう。

1-1.膝の痛みの主な症状は?

では、膝の痛みの主な症状について確認しましょう。

  • 動いたときにだけ痛む
  • 安静にしていても痛む
  • 膝以外の部分も同時に痛む
  • 熱や腫れを伴(ともな)って膝全体が痛む

膝の痛みと言っても、このようにさまざまな痛み方があります。自分の膝が痛むのはどんなときなのか、詳しく確認してみてくださいね。また、痛みの感じ方についても急に強い痛みが出る場合や、鈍痛(どんつう)が続く場合などがあります。痛みが発症した原因によっても感じ方は異なるでしょう。

1-2.膝痛を引き起こす主な原因は何?

では、膝痛を引き起こす主な原因には何があるのかをご紹介しましょう。膝が痛むのにも、さまざまな原因があるのです。

1-2-1.激しいスポーツのやり過ぎ

激しいスポーツをやり過ぎることは、膝の軟骨をすり減らす大きな原因になります。また、激しいスポーツは急激に関節を動かすことも多いことでしょう。いずれにしても、激しいスポーツは膝痛のリスクを高める結果になります。たとえば、ランニングで膝の痛みを感じることもあるでしょう。健康に良いことで多くの人に人気のランニングですが、膝の痛みを引き起こさないようにするには、こまめに休みながら行うとか連日行わないようにするなど、やり過ぎにならないように気を付けてください。また、激しいスポーツの前後には十分なストレッチを行うことも大切です。

1-2-2.膝に水が溜(た)まっている

膝に水が溜(た)まっている状態も、膝痛の原因となるでしょう。膝の関節が炎症を起こした状態になると、膝の内部では炎症をカバーするために滑液(かつえき)の分泌(ぶんぴ)が多くなります。滑液は、関節の中で軟骨同士が擦(こす)れるのを防ぐためにも必要な存在。しかし、分泌(ぶんぴ)が多過ぎることは、曲げ伸ばしのときに痛みを引き起こしやすくなるのです。膝に水が溜(た)まっている人は、病院で膝の水を抜くなどの処置を行ってください。

1-2-3.変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)の人は、どうしても膝の痛みを感じることが多いでしょう。変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)は、関節の中にある軟骨が擦り減ってしまうことで膝の関節が変形してしまっている状態。軟骨が、関節の中で骨と骨のクッションの役割をしていることを想像してみてください。軟骨が擦り減ってクッションが無くなることは、骨同士が直接擦れてしまうことになるので痛みが発生する原因になるのです。

1-2-4.O脚などによる膝への負担

O脚など、脚に歪(ゆが)みがあると膝への負担が大きくなって痛みの原因となります。脚は、まっすぐな状態でないとどこかに不自然な力が掛かってしまうもの。O脚など、脚が曲がった状態の人は、特に気を付けてください。

1-2-5.肥満による膝への負担

肥満体型の人は、標準体型の人と比べると膝への負担が確実に大きくなるでしょう。直立したときには、全身の体重が脚に乗ってきます。体重が重ければ重いほど、膝への負担が大きくなることは説明するまでもありませんね。

1-2-6.加齢による筋力の低下

加齢は、筋力の低下もひとつの症状になります。特に、脚の筋力が低下することは膝への負担を大きくする原因となるでしょう。今までは、適度に筋力があったおかげで膝の痛みを感じずに済んでいたのです。加齢による筋力の低下は、甘く見ないようにしましょう。

1-3. どんな人が膝の痛みを起こしやすいか

どんな人が膝の痛みを起こしやすいか、を考えてみましょう。やはり、膝が痛くなるような生活習慣を送る人や膝に大きな負担が掛かる体型の人と言えます。さらに、自分の体のメンテナンスに無頓着(むとんちゃく)な人は、膝の痛みを起こしやすいでしょう。毎日の生活の中で、膝には想像以上の負担が掛かっていることを認識してください。膝の痛みに悩みたくない人は、生活習慣や体型の歪(ゆが)みだけでなく膝に対する意識の低さも改善するようにしましょう。

1-4.膝の痛みに悩む患者数は全国にどのくらい?

膝の痛みに悩んでいる人は、全国にどのくらいいるのでしょう。実は、膝の痛みに悩んでいる患者数は約1000万人いるというデーターがあります。さらに潜在患者数は、2倍から3倍程度いるとの予測もあることを覚えておいてください。つまり、国民の10人に1人は確実な患者で、10人に2人程度は潜在患者と言えるのです。