子供に多い粘液便とは

赤ちゃんや子供に多い粘液便とは? 原因と治療法について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

粘液便という言葉を聞いたことがありますか?赤ちゃんや子供に多いと言われる粘液便ですが成人でもなることはあるので、注意が必要です。どのようなものか正しく理解してその対処法を知っておきましょう。もしかしたらその粘液便は、あなたの腸が出しているSOS信号かもしれません。それでは、粘液便についての基礎知識をご紹介していきましょう。

  1. 粘液便とは何か?
  2. 粘液便の色について
  3. 粘液便が出る原因を知ろう!
  4. 粘液便の治療方法にはどんなものがあるの?

1.粘液便とは何か? 

人によっては粘液便という言葉、全く聞き慣れない場合もあるでしょう。そもそも、粘液便とはどのようなものを指すのか、それをここで具体的にご紹介していきます。

1-1.粘液便について

粘液便とは、粘液が付着した大便のことです。また、便は出ずに粘液だけ出る場合もこのように呼びます。
異常な排便状態のひとつであり、粘液の色によっては命にかかわる病気が隠れている場合もあり、軽視することができません。
 

1-2.赤ちゃんにも見られる粘液便

赤ちゃんに見られる粘液便は、多くの場合赤ちゃんの消化器官が成長したことにより見られるものです。水っぽかった大便がねばねばした粘液便に変わった、というのを見て慌てる人も多いといいます。しかし、これは赤ちゃんの消化器が成長してミルクが腸内にとどまる時間が長くなったことにより出るものです。悪いものではありません。ただし、黄色っぽいような粘液や赤い粘液がついている場合については何かしら病気にかかっている可能性もあるので、早めに小児科を受診することをオススメします。

12