吹き出物を早く治したい。治し方のコツはあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

吹き出物はポピュラーですが厄介な肌トラブルです。
ひどくなれば化粧もできなくなりますし、見た目も悪くなるでしょう。
そこで、今回は吹き出物の治し方をご紹介します。
吹き出物ができやすいという方は、生活習慣が乱れていたり便秘がちだったりする可能性が高いでしょう。
つまり、それを改善すれば吹き出物も早く治りやすいのです。
吹き出物がしょっちゅう出て悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 吹き出物とニキビに違いとは?
  2. 吹き出物ができる原因とは?
  3. 吹き出物を早く治すコツ
  4. おわりに

1.吹き出物とニキビに違いとは?

吹き出物とは、毛穴に皮脂や汚れがつまって炎症をおこす症状のことを指します。
炎症がひどくなると、患部周辺が赤く腫れて痛みや熱を持つこともあるでしょう。
フェイスラインや頬、鼻の脇、額など比較的顔の目立つ位置にできやすいのが特徴です。
また、背中やデコルテ部分などにできる方もいるでしょう。
なお、吹き出物とニキビは厳密には同じものです。
しかし、ニキビが10代前半~後半の二次成長期のときに、一時的に皮脂のバランスが崩れてできるのに対し、吹き出物は年代を問わずに肌の状態が悪いとできやすいでしょう。
今は吹き出物のことを「大人ニキビ」と呼ぶことも多いですが、10代のときにできるニキビと異なり、原因が複数ある分ケアも難しいのです。
中には、自己流でいろいろなスキンケアを行って逆に悪化してしまったというケースもあります。

2.吹き出物ができる原因とは?

この項では、吹き出物ができる原因をご紹介します。
肌の状態の悪化から内臓のトラブルまで、いろいろな原因があるのです。

2-1.肌の乾燥

肌が乾燥すると、毛穴が開きます。するとそこに皮脂などの汚れがたまりやすくなり、吹き出物の原因になるのです。
肌の乾燥しやすさは、外気の湿度と密接に関係しています。
特に、冬場は外気も乾燥しているうえに暖房による乾燥も加わりますので、余計に肌も乾燥しやすいでしょう。
また、吹き出物を早く治そうと洗顔を何回も行うのは、逆に皮脂を過剰に取り去って乾燥が激しくなります。

2-2.生活習慣の乱れ

夜更かしをすると肌荒れがひどくなった、という経験がある方もいるでしょう。
睡眠は、肌にたまった老廃物を体外へ排出したり傷ついた肌の細胞が新しいものと生まれ変わったりする大切な時間です。
ですから、夜更かしが続いたり睡眠時間が短かったりすると、吹き出物も発生しやすくなります。
さらに、食生活が乱れも吹き出物の原因になるでしょう。
野菜不足になると、ビタミンやミネラルが不足して肌の状態が悪くなります。
さらに、揚げ物の取りすぎは脂肪分の摂取過多になり、皮脂も増えるのです。
また、チョコレートやケーキなどの甘いお菓子は脂肪分と糖分を同時に摂取することになるので、食べ過ぎると吹き出物の原因になるでしょう。食事をお菓子で済ませてしまったり、菓子パンだけの食事を続けたりしてはいけません。

2-3.ストレスによるホルモンバランスの乱れ

過剰にストレスがかかると、ホルモンバランスが乱れます。
女性の場合は女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが過多になることが多いでしょう。
そうなると、皮脂が余計に分泌されて、吹き出物が出やすくなります。
また、女性の場合は生理が近づくとホルモンバランスが崩れる方も少なくありません。

2-4.便秘

便秘になると体にいろいろな悪影響が出ますが、吹き出物もそのひとつです。
便秘は、本来毎日排出されなければならない便が、体の中にたまっていきます。
便は食べ物を消化した残りかすや水分などからできていますので、時間がたつほど腐敗して毒素が発生するのです。
発生した毒素は腸内から血管内へ出ていき、最終的には肌から外へ排出されるでしょう。
つまり、全身に毒素が回ることになります。
すると、皮脂のバランスが崩れて吹き出物が出やすくなるのです。
便秘による吹き出物、は顔だけでなく全身に出やすいでしょう。

3.吹き出物を早く治すコツ

この項では、発生した吹き出物を早く治す方法をご紹介します。
実践できそうなことはぜひ参考にしてください。

3-1.肌を清潔にして、保湿を心がける

肌の表面に汚れがつきっぱなしですと吹き出物が出やすくなります。
ですから、洗顔を丁寧に行いましょう。
化粧をしている場合は専用のクレンジング剤を使い、ぬるま湯でしっかりと落としきってください。
また、市販の洗顔料には界面活性剤という脱脂効果がある物質が入っています。
ですから、洗顔が終わったらしっかりと保湿をしましょう。
また、化粧をしなくていいときは化粧をしない方が治りは早いです。
背中やデコルテのニキビは、同じように石けんで清潔に洗った後、保湿クリームをつけておくとよいでしょう。

3-2.便秘を解消する

便秘を解消すれば、肌の調子は格段によくなります。
すでに長期間の便秘に悩んでいるという方は、まず市販の下剤などを利用して便秘を解消してください。
便秘気味という方は、食生活や生活習慣を変えてみましょう。
運動不足や過度のダイエット、そして食物繊維の不足と生活習慣や食生活の乱れが原因で便秘になる方は少なくありません。
特に、過度のダイエットをして食べる量が少なくなると、栄養バランスも崩れやすいでしょう。
便秘を一度解消したら、野菜や果物など食物繊維やビタミン類が豊富な食べ物を積極的に取ってください。
これからの季節はいちごが旬ですが、いちごは食物繊維のほかにビタミンCがたくさん取れる優れものです。
ビタミンCは美肌を作るビタミンでもありますので、ぜひ積極的に摂取しましょう。

3-3.自己流のスキンケアをしない

吹き出物に効果的とうたった製品はたくさんあります。
しかし、吹き出物が出て弱っている肌にいろいろなものをつけてしまうと、かえって状態が悪化することもあるでしょう。
また、使っている化粧品がある日突然肌に合わなくなったというケースもあります。
ひどい吹き出物が長期間治らない場合は、一度皮膚科を受診してみてください。
何らかのアレルギーを発症しているケースもあります。
また、肌は内臓の鏡といわれるように、内臓に疾患があると吹き出物が出やすくなるでしょう。
吹き出物が多量に出ている。もしくは、なかなか吹き出物が治らないという場合は一度皮膚科を受診してみましょう。
自分でケアするならば、洗顔と保湿を丁寧に行うのが一番です。
また、ニキビを潰すと跡が残り、炎症も悪化する場合も多いので注意しましょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、吹き出物を早く治すコツや方法についてご紹介しました。
吹き出物はニキビと違って、原因が複数あることも珍しくありません。
ですから、吹き出物をいじるよりも、自分の生活習慣や食生活を見直した方が治りは早いでしょう。
規則正しい生活をし、バランスのよい食生活をしていれば自然と吹き出物は治りやすくなります。
とはいえ、平日は仕事が忙しいという方も多いでしょう。
その場合は、休日をリセット日に充ててください。
休日だからといって夜更かしや朝寝坊はせず、野菜や果物をたっぷりと食べましょう。
また、食べることでストレスを解消しないことも大切です。
イライラがたまったら散歩をしましょう。
これから花のきれいな季節ですし、運動をすれば便秘解消に効果的です。
野菜や果物を使ったお弁当などを持って外で食べてみるのもよいでしょう。
そうすれば、吹き出物はより治りやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加