便秘に効果のある漢方薬

便秘に効果のある漢方薬はコレ! 市販の便秘薬とはここが違う!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が続くと食欲不振になったり、下腹部が張って苦しくなったりする人は多いでしょう。
食生活を改善したり運動をしたりしても便秘が改善しない場合は、薬に頼った方が効果的です。
しかし、市販の便秘薬は使い続けると習慣になってしまうこともあります。
そこで、お勧めなのが便秘解消の効果がある漢方薬。
今回は、便秘解消効果のある漢方薬や漢方薬を使うメリット・デメリットをご紹介します。
便秘解消に漢方薬を利用してみたいと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 市販の便秘薬と漢方薬との違いとは?
  2. 便秘に効果がある漢方薬の種類とは?
  3. 便秘解消効果のある漢方薬を使うメリットとは?
  4. 便秘解消効果のある漢方薬を使用する際の注意点とは?
  5. おわりに

1.市販の便秘薬と漢方薬との違いとは?

まず始めに、ドラッグストアで売られている市販の便秘薬と便秘解消効果のある漢方薬との違いをご紹介します。
いったいどのような違いがあるのでしょうか?

1-1.市販の便秘薬の特徴とは?

市販の便秘薬には、いろいろな種類があります。
しかし、どの薬も「飲めば数時間で効果がある」という特徴は共通しているのです。
中には、浣腸(かんちょう)のように使って数十分で効果が出るものもあるでしょう。
これは、便秘薬の成分が腸を刺激して排便を促(うなが)すからです。
ですから、たくさん飲み過ぎるとおなかが痛くなったり下痢になったりします。
病院で処方される便秘薬も同じです。
効き目の強弱はあれ、腸を刺激してぜん動運動を活発化させて排便を促(うなが)します。

1-2.便秘解消効果のある漢方薬の特徴とは?

東洋医学では、「便秘」という症状に対してではなく体質によって薬を使い分けます。
たとえば、「疲れやすく体力がない」「ダイエットを頻繁(ひんぱん)にしているのでやせ気味」といった人には、内臓に力を与え消化吸収能力をアップさせるような漢方を処方するのです。
つまり、腸を刺激して排便を促すだけでなく内臓全体の調子を整えて、便秘体質そのものを改善させる効果があります。
ですから、便秘解消の効果がある便秘薬は、市販の便秘薬より即効性がないものも多いです。
しかし、飲み続けていくうちにだんだんと便秘が改善されていく可能性も高いでしょう。
その場しのぎではなく、便秘体質そのものを変えたいという方にお勧めです。

12