便秘になると体重が増えるのはなぜ?

便秘と体重の関係性について知ろう! 便秘になると体重が増えるのはなぜ?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
体重管理

便秘は長く続けば続くほど、慢性的な便秘になってしまいます。
だるい体の状態が続き、毎日がしんどい生活になるでしょう。
心身ともにスッキリとした生活を過ごすためにも、できるだけ早めに便秘を解消しなければなりません。
また、便秘は体重と深い関係にあります。
なぜ便秘で体重は増えるのか、便秘で体重が増える理由や、便秘の改善方法について説明しましょう。
慢性的な便秘で悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 便秘で体重は増えるのか
  2. 便秘で体重が増える理由
  3. 慢性的な便秘の改善方法
  4. まとめ

1.便秘で体重は増えるのか

なぜ、便秘になると体重は増えるのでしょうか。
便秘と体重の関係性について説明します。
便秘を解消するためにも、体重との関係性を知っておいてくださいね。

1-1.肉体的・精神的に負担がかかる便秘

便秘が解消してもすぐに便秘になる人は、慢性的な便秘になっています。
便秘になるときは体重が増え、解消したとたんに体重は減るでしょう。
体重の増減が激しいと、その分の負担も大きくなります。
便秘を繰り返すほど、体力も次第になくなってしまうものです。
また、便秘が解消しても、「また便秘になるのか…」とネガティブになってしまいます。
肉体的・精神的に負担がかかるため、できるだけ早めに便秘を解消してください。何も心配することはありません。
慢性的な便秘でも改善することができますよ。
ただ、体重の増減は、心身ともに大きなダメージを与えていることを忘れてはいけません。
老廃物や毒素が体の中に入っている状態が便秘なのです。

1-2.老廃物・毒素が体の中に入っている

先ほども説明したとおり、便秘=老廃物や毒素が体の中に入っている状態です。
つまり、体にとって要らないものが蓄積している状態になります。
基礎代謝が活性化している健康体の人は、老廃物や毒素はたまりません。
食べたものを消化し、すぐに排出しています。
しかし、慢性的な便秘になっている人は、排出できずにいるのです。
排出できず、老廃物や毒素が体内にたまっています。
そのため、老廃物や毒素の重量が体重に追加するのです。
便秘になると体重が増えると言われています。
便秘が解消すると体重が減るのは、たまっていた老廃物や毒素がなくなるからです。
体重が減っても、慢性化している人は再びたまってしまうので注意しなければなりません。

1-3.慢性な便秘は1~2kgも便がたまる

便秘が慢性化している人は、体重が1~2kgもたまります。
つまり、1~2kgも老廃物や毒素が体の中にたまっている状態なのです。とても恐ろしいことだとわかるでしょう。
一般的な人の便を排出する量は、およそ100~300gと言われています。
1~2kgになると、7~10回分の便をためこんでいる計算になるのです。
慢性的な便秘の人が解消すれば、1~2kgも体重が減ることになります。
急激な体重変化は体調不良になり、生理にも悪影響をもたらすでしょう。
さらに、同じような便秘を何回も繰り返すのが慢性便秘なので、体にかかる負担も大きいのです。
慢性的な便秘の人ほど、病気にかかりやすいと言われています。
便秘は私たちの健康を阻害するため、できるだけ早めに解消することが大切なポイントです。
改善するための方法を後ほど説明するので、ぜひチェックしてくださいね。

12