妊娠をしているときの便秘は危険!? 対策方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊婦

女性の悩みで多い「便秘」は長く続いてしまえばしまうほど、体に大きな悪影響をもたらすことになります。
便秘は老廃物や毒素が腸の中にたくさん溜まっている状態です。
できるだけ早いうちに外に出さなければなりません。
とくに、心とからだが同時に不安定になってしまう“妊娠中”の便秘は注意が必要です。
妊娠中の便秘はどのような影響をもたらすのかという危険性と、対策について説明していきたいと思います。
元気の良い赤ちゃんを無事に産むためにも、女性は要チェックです。


さらに腸に大きな負担をかけてしまう!?

子宮が大きくなっている妊娠中のからだは、お腹まわりが圧迫されると同時に、腸も圧迫されている状態です。
圧迫されれば腸の血管も詰まってしまい、血流が悪くなってしまうでしょう。
そこに便秘の症状が追加されることになればさらに腸に大きな負担をかけてしまいます。
よって、痔になってしまったり、肛門付近がうっ血してしまうなど、さまざまなトラブルを招くことになるでしょう。
便秘が習慣になっている女性が妊娠するとほとんどの人が妊娠中の痔を引き起こしてしまっています。
妊娠中はできるだけからだに負担をかけないようにしておかなければなりません。
母体にかかる負担がそのままお腹の中にいる胎児の負担になってしまうのです。
妊娠中の便秘はとても危険ということを知っておいてください。
では、どのように対策をしていけば良いのでしょうか…。次で詳しく説明したいと思います。

腸内環境を整えていこう!

妊娠中の便秘を改善・対策していくためには“腸内環境を整える”ことが1番大切です。
ストレス、ホルモンの影響、水分不足、子宮による腸の圧迫と便秘になってしまう原因は人によってさまざまですが、すべてをまとめると「腸の働きが弱まってしまっている」ことが挙げられるのです。
まずは、腸の働きを活性化させ、腸内環境を整えていかなければなりません。なんとか便秘を改善しようと便秘薬を服用する妊婦さんもいますが、その方法は絶対にNGです。
便秘薬を飲んでしまうと副作用が胎児に影響してしまい、流産する危険性があります。
胎児のことを考え、便秘薬は服用しないようにしていきましょう。
腸内環境を整えるために1番効果的なのは、食事から効果的な成分を摂取していくことです。
腸の中で善玉菌の役割をはたしてくれるビフィズス菌や腸内をキレイに掃除してくれる食物繊維をたくさん吸収していきましょう。

水分を摂り効果的な成分を摂取しよう!

腸内環境を整えることができる食材はたくさんあります。
食物繊維が豊富に含まれている野菜やビタミン・ミネラルが豊富な果物類、乳酸菌が含まれているヨーグルトや豆類はオススメです。そして、水分も腸内をキレイにするためには欠かせません。
積極的に水分と栄養のある食材を摂り、腸内環境を整えていきましょう。
また、妊婦さんでも安心して服用することができるサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
サプリメントを利用するときはかかりつけの医師に一度相談してから服用しても良いかどうか判断してもらいましょう。
即効性はありませんが、毎日欠かさず成分を摂取し続けることで次第に腸内環境が整えられていきます。
健康的な腸内を目指してがんばっていきましょう。

まとめ

妊娠中の便秘は痔を引き起こし、さらに腸に負担をかけてしまう恐れがあります。
便秘にならないためにも腸内環境を整えることを第一に考えて行動していきましょう。
腸内をキレイにしてくれる成分を積極的に摂り、水分補給もこまめにしていってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加