妊娠をしているときの便秘対策方法

妊娠をしているときの便秘は危険!? 対策方法とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

女性の悩みで多い「便秘」は長く続いてしまえばしまうほど、体に大きな悪影響をもたらすことになります。
便秘は老廃物や毒素が腸の中にたくさん溜まっている状態です。
できるだけ早いうちに外に出さなければなりません。
とくに、心とからだが同時に不安定になってしまう“妊娠中”の便秘は注意が必要です。
妊娠中の便秘はどのような影響をもたらすのかという危険性と、対策について説明していきたいと思います。
元気の良い赤ちゃんを無事に産むためにも、女性は要チェックです。


さらに腸に大きな負担をかけてしまう!?

子宮が大きくなっている妊娠中のからだは、お腹まわりが圧迫されると同時に、腸も圧迫されている状態です。
圧迫されれば腸の血管も詰まってしまい、血流が悪くなってしまうでしょう。
そこに便秘の症状が追加されることになればさらに腸に大きな負担をかけてしまいます。
よって、痔になってしまったり、肛門付近がうっ血してしまうなど、さまざまなトラブルを招くことになるでしょう。
便秘が習慣になっている女性が妊娠するとほとんどの人が妊娠中の痔を引き起こしてしまっています。
妊娠中はできるだけからだに負担をかけないようにしておかなければなりません。
母体にかかる負担がそのままお腹の中にいる胎児の負担になってしまうのです。
妊娠中の便秘はとても危険ということを知っておいてください。
では、どのように対策をしていけば良いのでしょうか…。次で詳しく説明したいと思います。

12