便秘を解消する効果が期待できる筋トレ

便秘を解消する効果が期待できる筋トレとは? 腰が痛くても大丈夫。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は最も起こりやすい体の不調のひとつ。
便秘は年齢や性別に関係なく起こりますが、統計をとると女性や高齢者の割合が多いです。
女性や高齢者は男性や若者に比べて腹筋が弱いので、便秘になりやすいといわれています。
そこで、今回は便秘を解消する筋トレをご紹介しましょう。
腹筋をきたえる筋トレというと、寝そべって上体をあげる運動をイメージする人が多いと思います。
しかし、それ以外にも腹筋をきたえられる運動はあるのです。
年齢や運動量に合わせて筋トレを行えば、便秘も解消しやすくなりますよ。

目次

  1. なぜ、腹筋が弱くなると便秘になるのか?
  2. 便秘を解消する効果がある筋トレとは?
  3. がんこな便秘はまず解消しよう
  4. おわりに

1.なぜ、腹筋が弱くなると便秘になるのか?

まず始めに、腹筋が弱くなると便秘になる理由をご説明します。
腹筋の弱さが原因で起こる便秘を弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)といいますが、その特徴もご紹介しましょう。

1-1.腸の運動は腹筋もかかわっている

腸は数メートルある大変長い器官で、腹部をぐるりと一周する形に収まっています。
胃で消化された食べ物は腸に送られますが、腸は自分で動きながら食べ物を奥へ奥へと運んでいくのです。
これを「ぜん動運動」といいます。
腸が激しく動くと、自分でも「あ、今腸が動いているな」と分かるでしょう。
そのぜん動運動には腹筋も関わっています。腹筋が発達していると腹圧が強くなり、腸の運動を手助けできるのです。
逆に腹筋が弱まれば腸は下へたれさがりぎみになるでしょう。
そうなると腸の動きがどうしても弱まってしまいます。
全く運動をしていないと、痩せていてもおなかだけポッコリ出ているような体格になる場合もあるでしょう。
あのポッコリお腹は腸がたれさがることによってできるのです。
こうなると、腸の運動が弱まってがんばっても便が出なかったり、黒くてコロコロした便が出るようになります。

1-2.有酸素運動で、腸が動き出す

ランニングやウォーキングなどをしたら便秘が一気に解消した、という経験がある方もいるでしょう。
腸の動きは自律神経がつかさどっています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、腸の運動は副交感神経が活発になった際に起こるのです。
副交感神経は体をリラックスさせる働きがあり、寝る前やくつろいでいるときに活発になります。
また、適度な運動をしていても活発になる場合があり、それが腸の動きを促進させて便秘を解消させるのです。
ですから、意識して筋トレをしなくても体を動かすだけで副交感神経が活発になりやすいでしょう。

1-3.運動不足は悪循環になりやすい

運動不足になると、全身の筋肉が弱まります。
そうなると、少し動くだけで疲れるようになるでしょう。
なので、「できるだけ動きたくない」とますます運動不足になるのです。
また、通勤や通学に車を使っている方も要注意。
車は目的地まで一歩も歩かずに到着できるとても便利な乗り物です。
しかし、その反面どうしても運動不足になりがちでしょう。
公共の交通機関を利用すれば駅の階段など、体を動かす機会があります。
ですから、自動車でどこにでも出かけてしまうという方は、意識してウォーキングや筋トレをしないと便秘になりやすいでしょう。

12