善玉菌の増やし方

腸内環境を整える善玉菌の増やし方をご紹介!善玉菌の基礎知識

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

乳酸菌、ビフィズス菌など腸内にはさまざまな細菌が存在しています。細菌の中には良い働きをする「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」があり2つは腸内環境の維持に関係している菌です。腸内環境が悪い人ほど善玉菌が少なく、悪玉菌が多いといわれています。そこで、善玉菌と悪玉菌は一体何なのか、善玉菌の増やし方など詳しく説明していきましょう。

  1. 善玉菌とは
  2. 善玉菌の種類
  3. 善玉菌と悪玉菌
  4. あなたの善玉菌は大丈夫?
  5. 善玉菌を増やす食生活とは
  6. 善玉菌を増やす生活習慣とは
  7. 善玉菌にかんしてよくある質問

この記事を読むことで善玉菌の知識を身につけ、効率的に善玉菌の数を増やすことができます。


1.善玉菌とは

腸の働きをよくする善玉菌とは一体どんな菌なのでしょうか。善玉菌を増やす前に、まず、善玉菌について把握しなければなりません。これから、善玉菌について詳しく説明します。

1‐1.善玉菌の定義

善玉菌とは腸内環境を整え、健康的な腸を維持し続けるために必要な菌です。人間の腸内にはおよそ1,000種類以上もの菌がひそんでいるといわれています。中でも善玉菌は私たちに良い影響をもたらしてくれる腸内細菌の1つです。定義としては、以下の条件に当てはまるものが善玉菌だといわれています。

  • 自ら動かない
  • 毒性物質を出さない
  • ブドウ糖を分解・生み出す代謝物の50%以上が乳酸
  • 棒状、円柱状の「桿菌(かんきん)」または球状の「球菌」
  • グラム染色をすると青くなる(陽性反応を起こす)など

1‐2.善玉菌はどこに存在するのか

善玉菌が住んでいるのは私たちの腸内です。しかし、腸内のスペースは限られています。限られたスペースの中で1,000種類以上もの腸内細菌が一緒に生活しているのです。よって、1種類の菌が増えれば違う種類の菌が少なくなってしまいます。

1‐3.機能、働きについて

腸内環境を整える活動こそが善玉菌の機能です。腸内を荒らす悪玉菌をやっつけてくれます。主な機能は腸内環境の整備ですが、ほかにもたくさんの働きを持っているのです。たとえば、消化吸収、免疫機能の活性化、ビタミン・ホルモンの産生など私たちの健康を維持するためには必要な働きになります。

1‐4.少ないとどうなるのか

善玉菌が少なくなると悪玉菌が増加します。悪玉菌の増加によって身体の中には有害物質がたまりやすくなるでしょう。腸内環境が悪化して身体にさまざまな症状が発生します。健康であり続けるためには善玉菌が必要不可欠なのです。