しつこい便秘は

日本人に多い、ねじれ腸とは?しつこい便秘はこのせいだった?!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘がひどくておなかが痛くなる」「何をしても効果がない」その気持ち、よくわかります。頑固な便秘はおなかが痛くなったり張ったりするため、何とかしたいものですよね。便秘解消の方法はいくつもありますが「何を試しても改善しない」というときは、ねじれ腸の可能性もあるでしょう。その名のとおり腸がねじれているため、便秘の原因になります。この記事では、ねじれ腸の原因や症状・自分でできる腸もみマッサージ法などをまとめて解説しましょう。

  1. ねじれ腸とは?基礎知識まとめ
  2. ねじれ腸と便秘の関係
  3. ほんとにねじれ腸?セルフチェック
  4. ねじれ腸に効くマッサージや運動
  5. ねじれ腸は治療できるのか?
  6. ねじれ腸にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ねじれ腸と便秘についてわかります。ねじれ腸を治して便秘から解放されましょう。


1.ねじれ腸とは?基礎知識まとめ

まずは、ねじれ腸とはどのようなものを言うのか解説します。主な原因や症状について知ってください。

1-1.正式には「腸管形態異常」

「腸がねじれている」と聞くと怖いイメージがありますが、実は日本人の8割がねじれ腸であると言われています。正式な病名は「腸管形態異常」と言い、腸が不規則に曲がりくねっているため、便通に異常が現れてしまうものです。子供のころから便秘がちだった人や、便秘の際に必ず腹痛を伴う人は、この状態である可能性があるでしょう。

1-2.腸はどうなっているのか?

腸の一部がねじれており、その部分を便がとおりにくくなり、硬い便が栓のように詰まるのが便秘の原因です。ねじれている部位は人それぞれですが、特に下行結腸やS状結腸部分だと便秘になりやすいと言われています。ただし、腸の機能に異常はないため、詰まった便を押し出そうとする力が働き、圧迫されることによって痛みが出るのです。

1-3.主な原因

ねじれ腸はなぜ日本人に多いと言われているのでしょうか。その理由は、日本人特有の生活習慣もかかわっているためです。原因として考えられるものをご紹介しましょう。

1-3-1.腸が長い

日本人は大腸が長いと言われています。昔から肉食よりも農作物中心の食事が多かったことがその原因でしょう。野菜は肉よりも消化・吸収に時間がかかるため、必然的に大腸が長くなったと考えられます。大腸が長いと腹部でねじれが発生しやすくなるのです。

1-3-2.食生活の欧米化

日本では近年、食生活の急速な欧米化がすすんでいます。野菜を中心とした食生活が一気に欧米化し、肉類の摂取頻度が高くなったのです。その急速な変化に腸の環境がついていけず、ねじれ腸になってしまったという説もあります。

1-3-3.排便を我慢することが多い

日常的に「排便を我慢すること」が多いことも原因になります。「排便は恥ずかしいこと」と思い、学校や職場で排便を我慢してしまう人も多いでしょう。我慢すると腸がねじれやすくなるため、まずはこの習慣を何とかしなければなりません。

1-4.主な症状

主な症状は、やはり便秘です。また、便秘と下痢を繰り返す症状が現れることも多くなっています。ねじれ腸による便秘の場合、一般的な便秘解消法はほとんど効果がないでしょう。その点も、ねじれ腸かどうかを見極める上でポイントになります。根本的に便秘を解消するためには、ねじれ腸を改善するしか方法はないのです。