便秘と季節は関係している!? 便秘を解消するために知っておきたい知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘で悩んでいる人は必見です。
便秘と季節が関係していることを、あなたはご存じでしょうか?
便秘は季節の変わり目になりやすいと言われています。
日本には「四季」がありますが、それぞれ気温や気候、湿度が異なるので注意しなければなりません。
体調が崩しやすくなるのも、季節の変わり目が多いです。
なぜ、便秘と季節が関係しているのか、関係性と原因、季節を意識した便秘対策について説明します。
便秘を解消したい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 便秘と季節の関係
  2. 季節を意識した便秘対策
  3. 注意しておきたい季節
  4. まとめ

1.便秘と季節の関係

便秘と季節には、どのような関係があるのでしょうか。
便秘を解消するためには、原因を知ることも大切ですが、季節から受ける影響も把握しなければなりません。
季節からの影響を知り、効率的に便秘を解消していきましょう。

1-1.季節の変わり目は「敏感」になる

春・夏・秋・冬と4つの季節が、1年を通してやってきます。
便秘の主な原因は、ストレスだと言われていますが、季節の変わり目は、ストレスに敏感になるのです。
敏感な時期だからこそ、ほんの少しのことでストレスを感じてしまい、便秘を引き起こすと言われています。
特に、最近は、季節の変わり目も急激にやってくることが増えてきました。
春になったかと思えば、急に暑い日がやってきて「夏」を感じる、いきなり寒い日が続くなど、不安定な時期が続いているのです。
そのため、体調を崩す人も多いのではないでしょうか。
季節の変わり目は、敏感になっている時期でもあるのです。
便秘になりやすい時期だと覚えておいてください。

1-2.季節が変わる時期は腸内環境のケアが大切

常日頃から、腸内環境に目を向けておかなければなりません。
特に、季節の変わり目は敏感になっているので、腸内環境のケアが必要不可欠になります。
後ほど、季節を意識した便秘対策について説明しましょう。
できるだけストレスを受けずに、毎日を過ごすことが大切なポイントになります。
便秘と季節が密接に関係しているからこそ、季節の変わり目は、特に、腸内環境のケアに目を向けなければなりません。
便秘は長く続けば続くほど、大きく影響を受けるものです。
できるだけ早めに解消することが、季節からの影響を受けないカギになるでしょう。

1-3.自律神経の乱れが大きな要因

便秘と季節の関係性において、「自律神経の乱れ」は絶対に欠かせません。
自律神経の乱れによって便秘になる人が多いからです。
自律神経は、リラックス効果の働きがある「副交感神経」と、体が緊張する「交感神経」のバランスによって成り立っています。
しかし、季節の変わり目や、環境の変化が影響を与え、交感神経が活性化してしまうのです。
常に体は緊張状態になってしまい、リラックスできるときがありません。
腸内環境も悪くなり、便を押し出す力も弱まってしまいます。
そのため、便秘が長く続いてしまうのです。
便秘を解消するためには、自律神経のひとつである「副交感神経」の方を活性化させなければなりません。
副交感神経が働けば働くほど、腸内環境を整うことができるでしょう。

2.季節を意識した便秘対策

2-1.ストレスをできるだけため込まない

春先から夏にかけて便秘になる人は、「ストレス」に注意しなければなりません。
環境が変わる季節でもあるので、変化に追いつかず、毎日を忙しく過ごすでしょう。
新社会人として働く人は、仕事に慣れるまでリラックスできません。初めての職場で、初めて出会う人ややらなければならない仕事にいっぱいいっぱいです。
そのため、常に体と心が緊張状態になっています。
寒い時期から暖かい春になる瞬間も、激しい温度差で体に大きな負担がかかるでしょう。
自覚はなくても、体が大きなストレスを受けているのです。
変化に体が追いつかない状態になっています。
たまには、リフレッシュする、体を動かして汗を流す、ウィンドウショッピングをしてストレス解消するなど、自分で工夫してください。
心と体を休める時間も大切です。

2-2.規則正しい生活を送る

季節を意識した便秘対策だからこそ、「規則正しい生活を送る」ことが大切なポイントになります。
季節に影響されやすい便秘は、毎日きちんと正しい生活を送っておけば心配することはありません。
毎日当たり前に便秘対策をしているからこそ、季節の影響を受けずに生活できます。
規則正しい生活とは、「睡眠」「食事」「運動」の3つがポイントです。
睡眠は、心と体を休めてくれる大切なものになるでしょう。
きちんと睡眠をとらなければ、腸内環境が整いません。腸の働きも低下してしまいます。毎日最低7時間は睡眠をとりたいですね。
そして、「食事」も腸内環境を整えるためには欠かせません。
できるだけ和食中心の食事を心がけてください。和食は、野菜がふんだんに使われており、食物繊維やビタミン・ミネラルなど、人間に必要な栄養素が豊富です。
適度な「運動」も取り入れていきましょう。
激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなど、軽めの運動で大丈夫です。
毎日少しでも運動をすれば、新陳代謝がアップします。

3.注意しておきたい季節

3-1.夏の終わりに要注意

特に、注意しておきたい季節があります。
環境が変わる「春」も要注意ですが、特に、「夏の終わり」は注意しなければなりません。
夏場はとても暑い日が続き、毎日冷たいものばかり好んで食べるでしょう。
そのため、体が冷えてしまいます。
体の冷えは、血液の流れを悪くさせ、新陳代謝が低下するので気をつけてください。
また、暑さの不快指数が多ければ多いほど、徐々にストレスもたまり続けるでしょう。
少しずつストレスが積み重なり、爆発する時期が「夏の終わり」なのです。
夏の終わりに体調を崩し、便秘がやってくる人も多いのではないでしょうか。
夏の終わりは、特に注意しておかなければなりませんね。

3-2.冷え性には辛い「真冬」

便秘は、冷え性にも大きく関係しています。
冷え性は、血の巡りが悪くなるので新陳代謝も低下するのです。
新陳代謝が下がれば、腸の働きも弱くなるでしょう。
冷え性には辛い「真冬」は、便秘になりやすい時期でもあるので、注意しなければなりません。
さらに、真冬は冷え性が悪化するだけでなく、水分不足・運動不足が冷え性に加わります。
水分不足になると、便が硬くなり、余計外へ排出できなくなってしまうでしょう。
そして、運動不足も腸の働きを弱らせる要因になります。
真冬は、できるだけ体を冷やさないように、体を温めてください。
毎朝白湯を1杯飲むと良いでしょう。
白湯は、新陳代謝や体温を上げてくれるのでオススメです。

4.まとめ

便秘と季節の関係、季節を意識した便秘対策、注意しておきたい季節について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
便秘を解消したい人は、季節との関係性も必ず把握しなければなりません。
便秘について知識を深めれば、効率的に対策ができ、便秘体質から抜け出せるでしょう。
特に、以下の点には要注意です。

  • 季節の変わり目は「敏感」になる
  • 季節が変わる時期は腸内環境のケアが必要不可欠
  • 自律神経の乱れに気をつける
  • ストレスをできるだけため込まない
  • 規則正しい生活を送る
  • 「夏の終わり」に要注意
  • 冷え性には辛い「真冬」

以上のチェックポイントを踏まえ、便秘と向き合っていきましょう。
季節による便秘対策を心がけておけば、便秘で悩まされることもありません。
日々の生活に目を向け、対策をしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加